ここから本文です

若いけれど下腿骨骨折で一時ベット上安静の患者の車椅子移乗の看護計画立案の場合...

アバター

ID非公開さん

2016/1/722:21:15

若いけれど下腿骨骨折で一時ベット上安静の患者の車椅子移乗の看護計画立案の場合、筋肉の衰えのある高齢者と違い余り援助する所が無いと考えたのですが、転倒防止以外に何か援助はあったりしますか、

閲覧数:
258
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ord********さん

2016/1/822:31:44

下腿骨折と言っても治療法や医師の指示によって動きなどに制限がある場合もあるよね。
治療が理解でき、それを実行できるか確認するのが第一じゃないかな?
それから離床できるのか。
その後に転倒防止について。
以上をアセスメントしてから離床となるでしょう。

ただ見守るだけではないです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

仕事のかけもちに関するアレコレ

みんなのアンテナ

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる