ここから本文です

アルフォンス・ミュシャさんって画家の部類に入るんですかね? wikiにグラフィッ...

mak********さん

2016/1/1723:03:12

アルフォンス・ミュシャさんって画家の部類に入るんですかね?
wikiにグラフィックデザイナーと描いてあったのでよくわからなくて…
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/アルフォンス・ミュシャ

閲覧数:
126
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

y100c60さん

2016/1/1814:34:52

「グラフィックデザイナー」として名を馳せたわけではないです。
印刷所に務めていたスタンスでポスターを手がけたことや、
商業デザイナー的な活躍をしたことを
現代の職種に置き換えて、そういう表現をしたのだと思いますが。

ミュシャ自身は、画家を志していましたが
時代の流れで手がけることになった仕事で
頭角を現す形になりました。

サラ・ベルナールのポスター画が最も有名ですが、
平面のみならず、舞台関係の装飾や衣装等、
その他プロダクト系でのデザインも手がけてるし
新しい様式美を作り上げた、歴史的なアーティストであります。

晩年は、スラブ系のシビアな事象をテーマにした絵画等で
創作活動をしています。

一言で言えば、「総合芸術家」ではないでしょうか。。



一つのご参考までに。

質問した人からのコメント

2016/1/18 21:02:58

おお端的に分りやすく言っていただきありがとうございます!!とても参考になりました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mou********さん

2016/1/1809:43:30

Wikiの著者が、ミュシャの業績を勘案して、単品の絵画作品より印刷されたポスターなどの作品の方が多いので、グラフィックデザイナーとしたのでしょう。
あながち間違いとは言えないでしょうが、違和感がありますね。
しかし、タブローを描く画家とも言いがたい気もします。
グラフィックデザイナーと言っても今日の概念とはやや趣を異にするのは事実でしょう。

tri********さん

2016/1/1723:23:10

ミュシャの時代には、まだ今日のように画家とグラフィックデザイナーという職業が明確に区別されていませんでした。画家が兼業するような形もあったわけです。

ミュシャは、いわばグラフィックデザイナーの走りといった存在だということです。もちろん彼は画家でタブローも制作しています。中でも『スラヴ叙事詩』のシリーズは有名ですね。

http://www.salvastyle.com/menu_symbolism/mucha.html

画像はミュシャの『スラヴ叙事詩-スラブ賛歌』です。

ミュシャの時代には、まだ今日のように画家とグラフィックデザイナーという職業が明確に区別されていませんでした。画家が...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる