ここから本文です

なぜ電車の自動運転はあまり研究、開発実用化されないんですか? 何十年も前の技...

mod********さん

2016/1/2304:00:08

なぜ電車の自動運転はあまり研究、開発実用化されないんですか?
何十年も前の技術なのに神戸のポートライナーとか運転手も車掌さんも
誰もいないじゃないですか。
電車でできない理由はなん

なんでしょうか?
信号機を見落としても構わない様にATCとかもありますしすでに
電車は車の自動運転より現実は簡単だと思います。
人間が運転するより過密ダイヤでの増発も可能だし人件費の面でローカル線での増発も容易になるかもしれません。
ただトラブル回避に車掌さんをつけていればいいのでは?

閲覧数:
5,873
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mt5********さん

2016/1/2720:53:01

今、実用化が進められようとしている自動車の自動運転なのですが、これは高齢運転者などの不注意や失神などによる交通事故が相次ぎ問題になっているので、実用化へ向かっているわけです。
しかし基本的に自動運転はバックアップであって、たとえば子供や無免許のお年寄りや目の不自由な人が単独で自動運転のクルマに乗ってはダメなんです。
あくまで基本的には人が操作できる状態でしか走ってはならないのです。
ましてバスや電車などが運転士無しで走行できるシステムにまで飛躍することは、余程ロボット技術か何かが今よりもっと進歩しない限りはムリです・・・

ポートライナーにしても、実は運転資格を持った人が普段は駅員として勤務していて、もしも故障とか地震などの災害が発生した時は、駅員が乗客の安全確保の仕事をする条件で、無人運転が認められているのです。
しかも踏切が一カ所も無く、全駅にホームドア完備であるうえ、線路には避難用通路が併設されています。
もし、あれと同じような設備に作り替えたら、無人運転はできますが、そのためには莫大な費用が必要になります。
しかも先に述べたように、緊急時に対応できる駅員を配置していないといけませんから、それほど人件費が節約できるわけでもないのです。

現実にはポートライナーやゆりかもめ 等は運賃がJRや私鉄の相場より割高ですが、これは無人運転でも人件費がかかるうえ、巨額の工事費を回収するため致し方ないのです。
旧来の鉄道を新交通システムに作り替えると、スピードは遅くなり運賃は上がるという結果を招くので、どこの鉄道会社もそのようなことをしないわけです。
ましてローカル線にそのような投資をしても回収できる見込みがありません。

それと、時速70km/hの鉄道車両が停止するのに、制動距離は約200mくらいになります。鉄のレールと鉄の車輪との摩擦力が小さいからです。
ですから仮に誤差1%でも2mもズレることになります。
しかも滑走(スリップ)などのイレギュラーな事も起こりやすいです。
ですからポートライナーなどはゴムタイヤ式で、一般的な電車とは全く異なった軌道上を走行しているわけです。

あ、それと数百メートルという制動距離のため、クルマの自動運転システムのようなセンサーが障害物を感知して自動的にブレーキをかけるシステムというのは、鉄道では役には立たないわけです。

>ただトラブル回避に車掌さんをつけていればいいのでは?
現実には自動運転を行っている地下鉄もありますが、車掌を省略して運転士のみが乗務するワンマン運転です。
ATO(自動運転システム)がエラーすれば運転士が対応、万一の時の車内放送や乗客の避難誘導も運転士が対応します。
人件費がほぼ同じなら、つまりは車掌ではなく運転士が乗務するということになっているのが現実です。

ことごとく反論のようになってしまい恐縮ですが、これが現実です。

ちなみに列車の制動距離は
60km/hー約150m(駅間距離が短い区間)
90km/hー約400m(JR神戸線各停)
120~130km/hー約600m(新快速)

  • 質問者

    mod********さん

    2016/1/2802:18:12

    みなさん回答ありがとうございました。
    電車運転用AIが熟練の運転手さん並みに進化する日が早く来ればいいですね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

uch********さん

2016/1/2308:13:01

ATOは実用化されていますし、実際の路線があるのも質問者さん自身が解っていると思います。
ちなみに、神戸ポートライナーも電車ですので。

既存路線に広まらない理由は、まず、金と時間が掛かるからです。
現在の自動運転は、外乱が無い事が前提です。
つまり、踏切とか、駆け込み乗車とか、飛込み自殺とかが無い事が条件な訳です。
路線の全てを高架あるいは地下で作り直して、全てのホームを余裕の有る幅に直して完全ゲート式のホームドアを設定して、なんとか条件が揃えられます。
当然、車両も対応車両に置換えが必要です。
路線,車両を全てリニューアルする必要がありますが、それには金と時間が掛かります。
これだけやっても、他の路線からの乗入が有れば、それが最大の外乱に成ります。
乗入れさせないのが簡単な案解決方法ですが、まあ、現実では無理でしょう。
それで儲かれば鉄道会社でもやるのでしょうが、実際には1円にも成りません。客が増える訳ではないので。
まあ、金のあまり掛からない範囲での自動化は、順次進められてはいますが。

現在では、クローズドな新規路線で有れば、全て揃える事も既存路線よりも簡単なので自動運転,あるいはそれに近い物が用意されるのが普通です。

過密ダイヤに関しては、人が運転した方が本数を増やせます。
自動運転は、まだ臨機応変の対応が出来ませんから、十分な余裕が必要ですので。

有る意味、一番の理由は、事故を起こした時の対応要員と言う所でしょうか。
最後まで事故を防ごうとしたと言う証でしょう。
スケープゴートですね。
責任の所在は、自動車での自動運転の最大の問題点でも有りますね。

yng********さん

2016/1/2307:23:56

ご冗談を…。

鉄道の自動運転は、とっくに実用化レベルに達していますし、採用路線も沢山ありますよ。
ここ15年の間に新規開通した路線(JRや新幹線を除く)は、殆ど自動運転をしているはずです。
営団地下鉄では昭和40年代には試験導入していましたし。
ご存じありませんでしたか?

勘違いなさらないでほしいのは、「自動運転」=「無人運転」ではないことです。
無人運転を行うには、外部からの人の進入が絶対に起きないように線路を整備しなきゃなりません。そこまでやったのがポートライナーなどの一部路線だけです。
多くの路線は、そこに予算を投入できないので自動運転をしていても無人運転は実施していません。僅かでも線路に人が入る可能性がある以上、自動運転で対処できないトラブルに対応するため運転士が省略できないのです。

飛行機や船も自動運転が実用化していますが、だからといって操縦士が省略できないのは同じ理由です。
俺は自動車についても、自動運転は実用化できてもドライバー省略までは認められないと考えています。

yom********さん

2016/1/2304:25:57

出来ますよ
ATOってそれです
大江戸線なんて運転士はドアの開閉ホダンと、隣の駅までのスタートボタンしかありません

何故やらないか?
ドアの開閉と最後の安全確認はやっぱり人がやらないと

乗客がコンピューター管理で動く物で無い限り、機械は人間の行動が理解しがたいですから

and********さん

2016/1/2304:14:33

責任を押し付ける相手が居なくなる
何時の世も死人にくちなしは最強の盾
神戸のポートライナーは母体の関係やろね

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる