ここから本文です

semikosagi様 先ほどはご回答誠にありがとうございました。

tit********さん

2016/1/2501:05:28

semikosagi様
先ほどはご回答誠にありがとうございました。

先ほどご回答いただきました
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1415508943...

こちらのご回答を拝見した中でさらに掘り下げてお聞きさせていただきます。
※下記においてsamikosagi様をSとし、私をKとさせていただきます。

S:それで判定できるならば必要ですし、無駄な被ばくではありませんが、判定できないのであれば行う必要はなかったのではないでしょうか。
K:私自身とにかく年齢も高齢になってきて妊娠する期間に限りが出ているので、良性か悪性か判断してもらう方法はないでしょうか。とお伺いし判断するのに自信をもっておられたので検査方法などはお任せしました。
ですが、元からCT検査にアレルギーがあるので、医師の方や看護師の方に被曝がとても心配なことを伝えました。その時の医師の方や看護師の方は甲状腺シンチとCTは別の日だから。。。みんな受けている検査だからとおっしゃっていました。私は検査で機械にあがるまで甲状腺の頸部だけだと思っていたので全身撮影に入ったときは本当に泣きそうになりました。
私のミスです。きちんとCTを撮る目的を突き詰めて聞いておくべきでした。

S:そう言った時にも生殖腺をプロテクターで守ってくれる撮影がされたかどうかです。腹部への転移などをを診るために行ったのかもしれませんが、それならば腹部超音波検査があります。CT検査でなくMRI検査という選択肢はなかったのでしょうか?
K:他の病院からの紹介でした。ちょうど初診でした。検査方法は先生におまかせしました。バタバタと決まり、今日できることはしておこうということになりました。腹部超音波検査やMRI検査は私には考えもつきませんでした。

S:1回あたり5-30mSv程度です。最初のスカウトビューを一回余分に撮影した事になります。
K:スカウトビューを一回余分に撮影したと仮定すると、余分に線量を何mSv程度浴びたことになるのでしょうか。おおよそで構いませんので教えていただけましたら幸いです。胸のX線レントゲン1枚分などの表現でも構いませんのでよろしくお願いいたします。
それに加えまして、1回あたりの5-30の意味合いなのですが、例えば線量を全て10で統一したとしますと
頸部10・胸部10・腹部10の個々の線量の単位なのでしょうか。
それとも全体で1枚撮ったということで全体で5-30という意味でしょうか。理解が悪くてすみません。

S:被ばく線量は3.7mGでCTより少ないでしょう。診断として必要ならば行うべきです。
http://nucmed.w3.kanazawa-u.ac.jp/works/detail.php?d_no=5
K:甲状腺シンチはやはり必要だと思っていますので、受けようと思います。ありがとうございます。
金沢大学のHP紹介いただきありがとうございました。
とても参考になりました。

S:検査を受けるときは、いつも生殖腺防護をしてくださっているかどうかでかわります。
K:生殖腺防護をしていただけるのは、MRI・CT(腹部以外)・マンモグラフィーすべてにおいてでしょうか。正直今までマンモグラフィーやX線検査をしてきましたが生殖腺防護という言葉自体も初めてで、検査の時にお目にかかったことがありませんでした。お聞きしてショックでした。患者は生殖腺防護をつけてくださいと一言いえばどの病院でもつけていただけるのでしょうか。

S:それよりは、薬の飲みすぎや高齢による染色体異常、化学物質の入った食物の摂取、喫煙などなど
の方が貴方様が考えている被ばくの子ども(胎児)への影響は非常に大きいと思ってください。
K:アドバイスありがとうございます。今回は胎児への影響より、私の血液の病気で過敏になっていて、私自身の2次性のがんや白血病に関してとても気になっています。
今までも体が強くないために家族に心配をかけてきたので、もうかけたくないという気持ちがとても強いです。そのため食べ物の添加物や化粧品からシャンプーなどの日用品もすべて化学薬品の入っていないものに・・・喫煙もお酒も全くしていません(T_T)小さなことも大切だなと改めて教えていただきました。

上記を踏まえまして
1)私が今後どうしても検査をしないといけない時、私自身で守れること・出来ることを教えていただけますでしょうか。例えば・・・
☆CTやMRIの時は防護エプロンをつけるようにお願いする。
☆もし転移の恐れがあるということでCTしか方法がない時、回数を分けて検査してもらう
☆CTの選択ではなくPET-CTの方を選択する。
(上記は自分の考えで正しいかどうかはわかりません・・・)など
無駄な検査をしない以外に私自身が自分で守れる方法がありましたら教えてください。
2)個々の病院での線量にかなりの差があるとおっしゃっていたので病院に電話をして
CTの実線量だけ聞いてみようと思います。病院の方にはどのような単位で質問をすれば
一番理解していただけますでしょうか。

引き続きよろしくお願いいたします。

補足タイトルがsemikosagi様誠に・・・になってしまいました。
タイトルのつけ方がわからず不慣れで申し訳ありません。

この質問は、sem********さんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
263
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

sem********さん

リクエストマッチ

2016/1/2519:27:18

>S:それで判定できるならば必要ですし、無駄な被ばくではありませんが、判定できないのであれば行う必要はなかったのではないでしょうか。
K:私自身とにかく年齢も高齢になってきて妊娠する期間に限りが出ているので、良性か悪性か判断してもらう方法はないでしょうか。とお伺いし判断するのに自信をもっておられたので検査方法などはお任せしました。
ですが、元からCT検査にアレルギーがあるので、医師の方や看護師の方に被曝がとても心配なことを伝えました。その時の医師の方や看護師の方は甲状腺シンチとCTは別の日だから。。。みんな受けている検査だからとおっしゃっていました。私は検査で機械にあがるまで甲状腺の頸部だけだと思っていたので全身撮影に入ったときは本当に泣きそうになりました。
私のミスです。きちんとCTを撮る目的を突き詰めて聞いておくべきでした。
--->医師や看護師が【誰でもやっている】という言い方は、ちゃんとする説明になっていません。誰にでも余分に被ばくさせているという事も言えます。その人その人に対して、特に妊娠前で被ばくに疑問のある方には誠実に対応すべきです。

>S:そう言った時にも生殖腺をプロテクターで守ってくれる撮影がされたかどうかです。腹部への転移などをを診るために行ったのかもしれませんが、それならば腹部超音波検査があります。CT検査でなくMRI検査という選択肢はなかったのでしょうか?
K:他の病院からの紹介でした。ちょうど初診でした。検査方法は先生におまかせしました。バタバタと決まり、今日できることはしておこうということになりました。腹部超音波検査やMRI検査は私には考えもつきませんでした。
--->先生にすべてお任せしたのであれば、後で問題にしてはいけません。私に言わせれば医師にすべて任せて本当に良いかという疑問があります。説明を聞き、選択肢を言って頂き自分で治療検査を選ぶという事をすべきでしょう。

>S:1回あたり5-30mSv程度です。最初のスカウトビューを一回余分に撮影した事になります。
K:スカウトビューを一回余分に撮影したと仮定すると、余分に線量を何mSv程度浴びたことになるのでしょうか。おおよそで構いませんので教えていただけましたら幸いです。胸のX線レントゲン1枚分などの表現でも構いませんのでよろしくお願いいたします。
--->これは私もはっきりわかりませんが1mSv程度とすると胸部20枚分くらいでしょうか?

>それに加えまして、1回あたりの5-30の意味合いなのですが、例えば線量を全て10で統一したとしますと頸部10・胸部10・腹部10の個々の線量の単位なのでしょうか。それとも全体で1枚撮ったということで全体で5-30という意味でしょうか。理解が悪くてすみません。
--->そういう考え方は当たっていません。頸部胸部腹部で30です。当分できません。どうしても分けろというならば、上から下までで1/3の長さで10ずつです。


>S:検査を受けるときは、いつも生殖腺防護をしてくださっているかどうかでかわります。
K:生殖腺防護をしていただけるのは、MRI・CT(腹部以外)・マンモグラフィーすべてにおいてでしょうか。正直今までマンモグラフィーやX線検査をしてきましたが生殖腺防護という言葉自体も初めてで、検査の時にお目にかかったことがありませんでした。お聞きしてショックでした。患者は生殖腺防護をつけてくださいと一言いえばどの病院でもつけていただけるのでしょうか。
--->しっかりした技師のいる病院で受けなかったのでしょう。MRI検査は必要ありません。

>S:それよりは、薬の飲みすぎや高齢による染色体異常、化学物質の入った食物の摂取、喫煙などなど の方が貴方様が考えている被ばくの子ども(胎児)への影響は非常に大きいと思ってください。
K:アドバイスありがとうございます。今回は胎児への影響より、私の血液の病気で過敏になっていて、私自身の2次性のがんや白血病に関してとても気になっています。 今までも体が強くないために家族に心配をかけてきたので、もうかけたくないという気持ちがとても強いです。そのため食べ物の添加物や化粧品からシャンプーなどの日用品もすべて化学薬品の入っていないものに・・・喫煙もお酒も全くしていません(T_T)小さなことも大切だなと改めて教えていただきました。
--->安易に薬やその他のんモノに依存する事は、被ばくよりも体に負担があるのですよ。

上記を踏まえまして
1)私が今後どうしても検査をしないといけない時、私自身で守れること・出来ることを教えていただけますでしょうか。例えば・・・
☆CTやMRIの時は防護エプロンをつけるようにお願いする。
--->そうしてください。MRI検査は不要です。

☆もし転移の恐れがあるということでCTしか方法がない時、回数を分けて検査してもらう
--->回数を分けなくてもよいのではないでしょうか。造影剤を使用したりするならば一度にすべきです。*少ない造影剤で済ませられる。

☆CTの選択ではなくPET-CTの方を選択する。
--->転移を診るのでしたらそれも選択肢の一つです。

>上記は自分の考えで正しいかどうかはわかりません・・・)など
無駄な検査をしない以外に私自身が自分で守れる方法がありましたら教えてください。
--->医師から説明を聞いて納得するした者のみお受けください。

2)個々の病院での線量にかなりの差があるとおっしゃっていたので病院に電話をしてCTの実線量だけ聞いてみようと思います。病院の方にはどのような単位で質問をすれば一番理解していただけますでしょうか。
--->【放射線技師長の方に私が受けたCT検査、胸部X線検査、○○検査の貴院での惟爆線量をお教えください】と言うようにお聞きください。

  • 質問者

    tit********さん

    2016/1/2710:23:06

    とてもよくわかりました。
    私自身とても勉強になりました。
    本当にありがとうございました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2016/1/27 10:25:46

貴重なお時間をいただき本当に
ありがとうございました。

「引き続きよろしくお願いいたします」の検索結果

検索結果をもっと見る

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる