ロードバイクとダボ穴について。 やはり荷物を積んで旅をすることを考えると、ダボ穴はあった方がいいのかな?

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

その他の回答(4件)

2

テント積んで3泊4日とかしたいんだったらランドナーをお勧めします。 ホテルやらを転々として1泊2日だったら、キャリアはあった方がいいです。 ダボ穴の話は、積む荷物の量によってきます。

2人がナイス!しています

1

耐久性を考えると あった方がいいです。 下記はダボ穴なしでも使いえます。耐加重22kg(リンク先では25kgですが)ですが、実用上18kg以下で使った方が 長く持つでしょう。 http://www.bikeplus-kohoku.com/news/2013/09/backracklightweight_13.html それ以上の荷物が 必要なら、タボ穴付の方がいいです。旅にはマッドガードも 必要で、そのダボ穴もあった方が いいです。 カタログには 載ってません。普通のロードバイクには ダボ穴はありません。ランドナーとかで ないと。

1人がナイス!しています

2

あったほうがいいです。というか、ないものはツーリングロードバイクとは呼ばないのでしょうね。あるということは、キャリアを取りつけて使う方法も考えていることになります。むかしは泥除け用、キャリア用と、この2つが標準装備。ツーリング車の基本はフレーム設計と相まってダボ穴何個、穴何ミリというオーダーの仕方が普通でした。あるないは、このオーダーメイドなら、フレーム仕様書に書くので、記載がなければダボ穴なしで作られてきますが、市販車の場合、写真で見てしか分からず、殆ど書かれていないですよね。 http://araya-rinkai.jp/bikes2016/4366.html たとえば、上のモデルなども写真からのみ。穴の大きさは分かりません。5ミリではなくて6ミリに見えるけど。ダボ穴なしでも装着できるキャリアですが、 http://www.blackburndesign.com/en_ap/racks/ex-1-disc-rack.html#.Vquvg5qLRkg クイックシャフト(5ミリ棒)でバインドして取りつけるものですか?。これの普通タイプは http://www.blackburndesign.com/en_ap/racks/ex-1-rack.html#.Vquv65qLRkg これ。どちらも耐荷重18.2kgのようですね。よって、上のメーカーさんの場合、取付方法による差はないことになりましょうか。あるのが通例だったこの手のものですが。キャンピング車愛用の人から聞く、それを売っていた店の人から聞いた話は、 ●ボルト折れ ⇒ 6ミリネジを使うのは勿論のこと、エンドダボ上に乗る突起をキャリア足に溶接し、荷重を分散させる ●足折れ、足曲がり ⇒ 棒外径8ミリを10ミリに ●修理ができるスチール製とする ●必要以上にできるだけ積まない こんなことあたり。つまり、質問者さんの走り方、持ち方にも寄りますよね。米10kg×4つを持ちますか?。耐久性は逆算が肝要です。地道走行もされるなら、振動による加重も考慮しないといけませんよね。地道走行は破損、割れの主因です。荷物の重さよりも。あと、リアキャリアには嵩張るけれど軽い物を積載がセオリーです。重い物はフロントサイドに。この要因からも作られているツーリングロードバイク。ロードレーサーにキャリアという考え方ではなくて、根本が違うといいますか。ハンドリングが相違です。

2人がナイス!しています

0

スペック以前にダボ穴を設ける自転車はロードバイク(=ロードレーサー)には在りません、だってレースにダボ穴やその為の強度は不要ですもんw ダボ穴が必要な自転車は最初からキャリアやフェンダーを装備する前提の、大昔ならレーサーかも知れませんが現代ではレーサーではありません。 ですので選択すべき自転車のカテゴリーが大間違いですw