ここから本文です

薔薇のない花屋で汐見英治は、なぜ薔薇を売っていなかったのですか?

wat********さん

2008/3/2502:06:26

薔薇のない花屋で汐見英治は、なぜ薔薇を売っていなかったのですか?

閲覧数:
1,622
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gra********さん

2008/3/2503:38:59

なぜ薔薇がないのかについて、香取がこう言っています。

薔薇はトゲがある。私に触らないで、ほっといて、私はそんなに安くない、と言っているようだ。
でも花屋は客を選べない。薔薇が触って欲しくない客にも売られていってしまう。
それだと薔薇がかわいそうだ。だから自分は薔薇は売らない。

こういう意味のことを言っていました。
その真意は、当初あまりはっきり分かりませんでしたが、
回を追うごとに分かってきました。

同僚にツンケンしている竹内結子が、「私は薔薇みたいに体中にトゲがあるの」、
香取が省吾に、「一輪の薔薇の花を持ってくれば、全部分かってくれるんだ」、
瞬が、「薔薇を売らないのは分かる気がする。自分を売り物にはしたくないですからね。」
という具合に。

要するにこの物語では、「薔薇」=「人を信じられず周りに攻撃的に接してしまう人間」
を意味しています。

香取は、優しい性質ですが、「名もなき戦士」だったことから、
瞬と同じように人を信じられない一面を抱えていました。
だから、自分=薔薇であり、自分を売りたくはなかった、ということでしょう。

これが薔薇がなかった理由だと思います。

ちなみに、最終回で薔薇を置くようになった理由は、
瞬との対決を通じて、人を信じることができる(愛することができる)自分を自覚した香取が、
もはや、自分=薔薇だと感じなくなったからでしょう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

s_8********さん

編集あり2008/3/2505:20:08

●薔薇の花言葉
「忘れてしまおう…」

雫に真実を言うまで、忘れてしまうことなんてできない…
雫に真実を伝え、二人で時を過ごした後すぐ、薔薇を売り始めたことからすると…そして、ふっきれたかのごと、美桜に「愛してる」
新しい人生を歩むことが…過去を忘れて歩むことができるようになった象徴が薔薇でもある.
●名もなき戦士=心にトゲ=薔薇→自分を売り物にはしたくなかったから…

知恵袋さん

2008/3/2502:10:25

死んだ彼女「妻」を思い出すから。

私は、ドラマみてません。が。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる