ここから本文です

長年のストレスから解放された友人が2年寝込んだそうです、私も18年来のストレス...

bas********さん

2016/2/414:59:50

長年のストレスから解放された友人が2年寝込んだそうです、私も18年来のストレスから解放されたのですが、安心からなんでしょうか?1週間ほど起きれなくなって朝何とか朝食と夫の弁当、夕方夕

食作れる感じです、仕事は起きてられなくて休んでます
起きてられなくてというか座ってられないのです
ストレスMAXのときは、1日中動き回ってました、
どうして安心して楽しく過ごせるはずの時に
こんな風になるのでしょうか…?

閲覧数:
388
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

のぶさん

2016/2/417:02:23

確かに不思議ですよね。私も経験があるのでよく分かります。

私の場合、丸一日ほど起きられませんでした。長いあいだ準備してきた仕事のプロジェクトが無事終わり、ほっとしたのでしょう。緊張の後に弛緩が来るのは、バイオリズム上、ごく自然な話のようです。

ちなみに、歴史で有名な豊臣秀吉も、何ヵ月か戦いに明け暮れ、最後の敵に勝って天下統一のメドをつけた後、自分の城の部屋で倒れこむように布団に入り、丸一日か二日、眠りこけたそうです。

質問者さまも、18年もの間うけていたストレスから解放されたわけですから、それくらい長いあいだ寝込まれるのも、普通だと思います。ストレスを受けている最中は、自分を興奮させる交感神経が活発になりますから、日ごろの生活も活動的になれたのでしょう。

今は気持ちがほっとして、体をリラックスさせる副交感神経がつよくなっているはずです。まずは、できることから手をつけているうちに、精神的にも肉体的にもエネルギーがチャージされ、交感神経が働き始め、また活動的になれるはずです。

ですので、どうぞ焦らず、じっくり構えられてください。

以上、ご参考になれば幸いです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる