ここから本文です

引越しのキャンセル料について。 1.引越し作業のキャンセルをした場合のキャ...

acrobatic_stuntさん

2016/2/1408:57:30

引越しのキャンセル料について。

1.引越し作業のキャンセルをした場合のキャンセル料のパーセンテージは、どの業者を使うかに関係なく一律でしょうか?

2.国交省の約款だと前日10%、当日20%と書かれていますが、サカイ引越センターでは3日前からかかると言われたり、人によっては2日前からかかると言われたりします。前日は50%、当日は100%だと言われたこともあります。業者によって変わるということはあり得るのですか?

閲覧数:
178
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

hikkoshi_ouさん

編集あり2016/2/1410:13:16

私、現役の引越屋さんです。

引越に於けるキャンセル料金は法律で規定されています。

① 引越当日のキャンセルは、成約総額の20%。

② 引越前日のキャンセルは、成約総額の10%。

となります。

この規定は法定ですから、これ以外の解釈は一切認められていません。

但し、引越当日に引越作業が開始された後に、お客様のご都合により引越を中止された場合は、成約総額の全額を領収してもかまわない規定となっています。

例えば、お子様の急病やご親族の不幸等でやむなく引越を中断中止しなければならない場合でも、成約料金の支払いはしなければならないことになります。

たまに間違えている方がいるのは、キャンセル料金の10%または20%の定義です。引越約款には「トラック代金と作業員人件費」=引越実費といいます…の、10ないし20%と記載されています。しかしながら、実際は引越成約総額となります。これは最高裁で複数の判例により確立されています。

以上のように、3日前からキャンセル料金が発生したり、前日のキャンセル料金が50%等は、すべて違法行為となります。

したがって、引越に於けるキャンセル料金は、業者の差なく一律となります。

違法な請求を繰り返す場合は、

全日本トラック協会 0333541009

まで、ご連絡して下さい。

ご参考になさって下さい。

  • 質問者

    acrobatic_stuntさん

    2016/2/1411:26:28

    ありがとうございます。サカイに電話をして、違法ではないのですか?と聞いたら、「こちらもキャンセルされると困るので、こういうキャンセル料にさせてもらってる。支社によって違います」と言われて、なんだかなあと思っています。国交省の通達は、法的な拘束力があるのですね?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2016/2/16 01:14:10

ありがとうございました。全日本トラック協会さんは、とても親身に相談に乗ってくださり、心強かったです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。