ここから本文です

拳銃の弾は いわゆる円錐みたいな形をしてますが 元々丸い球状の弾が 今日のよ...

私立探偵 早川健さん

2016/2/1421:40:28

拳銃の弾は
いわゆる円錐みたいな形をしてますが
元々丸い球状の弾が
今日のような
いわゆる砲弾型になったのは
何がきっかけ、理由ですか?

弾+薬莢方式を
開発するようになったので

昨今見慣れた砲弾の形に
なったと見て良いのですか?

閲覧数:
165
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2016/2/1422:10:08

現在の銃砲には一般的に、銃身の内側にライフリングと呼ばれる何本もの溝が、螺旋状に刻まれています。

椎の実型の弾が銃身内を通る際に、その溝に食い込むと回転運動を起こすわけです。弾が回転するとジャイロ効果によって真っすぐに飛ぶので命中率が良くなります。弾が球形だとライフリングに食い込みません。

逆にライフリングの無い銃身だと、椎の実型の弾は内部で引っかかって銃を破壊してしまう可能性もあります。(現在では加工精度や材質が工夫されて、戦車砲などではライフリングの無い物もあります)

弾と薬莢が一体となった形の弾薬が発明されるのは、ライフリングの利用よりも後になります。直接の関係はありません。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%83%AA%...

現在の銃砲には一般的に、銃身の内側にライフリングと呼ばれる何本もの溝が、螺旋状に刻まれています。...

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

fok********さん

2016/2/1422:15:22

ライフリングに食い込ませやすいからでしょう

初期の先込めライフルでは球形弾頭を薄皮で包んで装填する手間がありましたから、その手間を省くためにミニエー弾という現代風の弾頭が開発されました

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる