ここから本文です

こんにちは、B型肝炎訴訟で給付金をいただいた場合、都道府県の肝炎インターフェロ...

sis********さん

2016/2/1514:55:42

こんにちは、B型肝炎訴訟で給付金をいただいた場合、都道府県の肝炎インターフェロン治療助成金を受けて治療することが出来ないのでしょうか?

お解かりの方宜しくお願いいたします。

閲覧数:
533
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hiy********さん

2016/2/1522:38:42

通りすがりのB型肝炎患者です。
まず、私は医療従事者でないです。ご了承ください。

>B型肝炎訴訟で給付金をいただいた場合、都道府県の肝炎インターフェロン治療助成金を受けて治療することが出来ないのでしょうか?

出来ますよ。「B型肝炎訴訟」と「肝炎インターフェロン治療助成金」は全く別物なので大丈夫です。
私も「B型肝炎訴訟」をして、「インターフェロン治療」を受けました。「インターフェロン治療」で助成が利用できるのは、48週(1年間)しかできません。効果もあまり期待できず(3割程度)、副作用もかなり曲者の治療です。
ですから、インターフェロン治療をするタイミングなどしっかり考えることが必要です。
細かい制度などは、他回答者さまをご参考になさってください。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sak********さん

2016/2/1521:02:07

B型・C型ウイルス肝炎インターフェロン治療医療費助成制度が、2008年4月1日から始まりました。

肝臓病患者会の長年の活動と薬害肝炎の運動が新しい公費助成制度となって実りました。まだまだ、使いにくい制度ですが患者さんへ紹介して利用を増やしましょう。

単年度予算ですので来年の予算へ向けて改善点をまとめ、よりよいものにしていきましょう。

都県の示す情報を整理してみました。誤解していることがあればご教示ください。

この制度は、B型・C型肝炎のインターフェロン治療にかかわる医療費を助成するもの。患者ひとりにつき、1年間、1回限りの助成制度。都道府県が事業主体となって実施し、東京都は上乗せ・横出し給付をおこなっています。

申請方法、上限管理の仕組みは障害者自立支援法の制度とよく似ています。

● 対象となる方

・B型及びC型肝炎ウイルスの除去を目的としてインターフェロン治療を行う方

・公的医療保険に加入している方(生活保護受給者など、保険証のない方は対象でない)

※ 過去に、東京都や北海道、長野県などでインターフェロン治療の助成を受けたことがある方は利用できません。
● 対象となる疾患

B型慢性活動肝炎
C型慢性肝炎
C型代償性肝硬変
※ 肝がんを罹患していない場合に限ります

調べた事をコピーしました。
自分はアナログ製剤の助成金を利用させて頂いています。
収入により上限は違います
保健所の管轄です、特定疾患に指定されますが、治療の助けだけですから、全額無料ではありません

参考になれば
まず保健所にご相談下さい。
この助成金は医師の診断書が必須です
お大事に

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる