ここから本文です

遺品整理士という資格について。

アバター

ID非公開さん

2016/2/2516:35:23

遺品整理士という資格について。

介護福祉士です。
遺品整理士の資格を取っても介護業界で働いている内は大して役に立たないでしょうか?
少しは役に立つ場面はあると思いますか?
何かわかれば教えて下さい。

閲覧数:
1,217
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

chakuhideさん

2016/2/2517:31:32

こんにちは。
遺品整理士の内容がわからなかったので簡単に調べてみましたが、活用できる場面はあるかもしれませんが、職場次第だと思います。

そもそも民間資格なので、特別な権限は何も持っていません。
おそらく行政との調整、遺品の権利関係について勉強するのかと思います。

特養などの終身施設で、一般の介護士として働いている分にはあまり活用場面はないと思います。
家族に送ったり、独居者の権利関係はすでに契約していると思いますので。


そのように考えていくと、在宅で利用者が死亡した時くらいなのかなと思います。
滅多に活用する場面はないと思いますが、ゼロではないと思います。


ただし、協会のオススメ業種も配送業やリサイクルショップを挙げていますので、介護職員と言うよりもそのような人達向けなのは間違いないと思います。


そのような関係の資格で、もっと活用する場面が多いのは行政書士です。
国家資格で、受験条件はないので試験に合格するだけで取得できます。
しかも介護福祉士と違い、業務独占を持つ資格です。

遺品だけではなく、相続や遺言等全般、後見人関係も行える法律家の資格ですのでかなり強いです。

仕事をしながら取得するのは凄く大変ですが、不可能ではありません。

合格率にビビらないで頑張り続けることができれば、長く見ても5年~くらいで取得できるのでは?と思います。



「チャレンジしろ!」
と言っているわけではなく、情報を提供しただけですので参考程度で。
お邪魔しました。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。