ここから本文です

大人の斜視治療にアイパッチって意味あるのでしょうか。 子供の頃から外斜視で...

アバター

ID非公開さん

2016/2/2521:33:50

大人の斜視治療にアイパッチって意味あるのでしょうか。

子供の頃から外斜視で、大人になってから斜視治療を始めました。

正面を見ている時は片目で見ているため問題ないのですが、
横を見ると両目で見てしまうからか、物が2つ重なって見えてしまいます。

お医者さんには、一日交代で左右どちらかの目をアイパッチで隠すように指導されました。
あとは、両目で物を見る訓練をするように言われました。

でも帰ってから調べてみると、
大人がアイパッチや訓練で斜視が治ることはないという意見がよく見られました。

本当に意味がないのでしょうか。

閲覧数:
2,638
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yahchan841さん

編集あり2016/2/2618:54:06

アイパッチによる訓練だけでなく、プリズムメガネによる訓練もあります。
アイパッチは乳幼児程度の目の成長段階では効果が期待できますが、小学生以上を含む成人が行っても効果がみられるため基本治療としては用います。
アイパッチは、大人でも若いうちに伸ばす必要があります。弱視の場合はそのままにしていると利き目ばかり使い、悪いほうの目は使わないので、視力に左右差が出ます。良いほうの目を隠して悪いほうの目を使うことによって視力を伸ばすやり方です。治療と訓練の両方の意味があるようですね。
それ以外に「ビジョントレーニング」といったトレーニングがありますが、これもある程度成長した目では効果があるというのが現状です。
斜視を筋肉の位置を調整して治すのが手術、両眼視機能を利用して斜視を表面化させないようにするのが訓練です。質問者さんの場合の斜視は程度によって治療選択が変わると思うので、まずは普通の眼科ではなく、斜視外来のある大学病院などの眼科で検査してもらって医師、視能訓練士に判断してもらってください。訓練で効果がなければ、手術が必要という形になります。

アバター

質問した人からのコメント

2016/2/28 08:10:16

回答ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

アバター

ID非公開さん

2016/2/2607:57:14

子どもならばあるが、大人では効果なし。両眼視機能が固まってしまっているので。大人になってから両眼視機能を獲得はできません。

the********さん

2016/2/2522:11:51

主治医が信じられないなら、別の眼科医にいくべきです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる