ここから本文です

B型肝炎の訴訟条件についての質問です。

swi********さん

2016/2/2720:11:32

B型肝炎の訴訟条件についての質問です。

私の生まれは1987年の7月生まれでB型肝炎ウイルスキャリアで経過観察中です。

母親はB型肝炎ではないため、母子感染ではありません。

そうなると感染源は集団予防接種でだと思われますが、たしか国が注射器の使い回し禁止が1988年の1月だったと思いますが、生まれてから半年位でしなきゃいけない予防接種ってその当時あったのでしょうか。

またこの条件で私は訴訟できるのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
5,331
回答数:
5
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hiy********さん

2016/3/123:44:28

通りすがりのB型肝炎患者です。
私は、法律的知識がないのでご了承ください。
ただ、過去に訴訟を行いました。

質問内容読ませていただきました。
訴訟の可否については、資料が集められるかどうかだと思います。
でも、若いので資料は集めやすいのではないかと思います。

主な資料にB型肝炎訴訟を行うにあたって資料は、

B型肝炎訴訟における和解の手続き(概略)(厚生労働省HP参照)
因果関係の認定(一次感染者の場合)
■B型肝炎ウイルスに持続感染していること
○ 6か月以上の間隔をあけた2時点において、連続してHBs抗原陽性 又は HBV-DNA陽性 又は HBe抗原陽性 あるいは
○ HBc抗体陽性(高力価)

■満7歳になるまでに集団予防接種等※を受けていること
○ 母子健康手帳で証明 又は
○ 予防接種台帳で証明 又は
○ 具体的な接種状況等が合理的に説明された陳述書等

■集団予防接種等における注射器の連続使用があったこと
○ 昭和23年7月1日~昭和63年1月27日の間に、原告が満7歳になるまでに集団予防接種等を受けていること

■母子感染でないこと
○ 母親のHBs抗原が陰性 かつ HBc抗体が陰性又は低力価 あるいは
○ 年長のきょうだいのうち一人でも持続感染者でない者がいること(母親が死亡している場合のみ)

■その他集団予防接種等以外の感染原因がないこと
○ 集団予防接種等とは異なる原因の存在をうかがわせる具体的な資料(カルテ等)がないこと かつ
○ 父親がB型肝炎ウイルスの持続感染者の場合、B型肝炎ウイルスの塩基配列を比較した血液検査結果において、父親からの感染でないと判断できること かつ
○ 原告のB型肝炎ウイルスがジェノタイプAeではないこと

です。
どうせ裁判になったら提出するので、まずはお母さまがご存命なら、ご質問者さまと一緒に病院に血液検査されてみてはどうですか?
あと、同時に母子手帳を探されることをお勧めします。
たぶんお母さまが大事に保管とかされてるとおもいますけど…。
私の母親は、兄弟全部のを持っていました。

そこで受けているのであれば、集団予防接種の記載もあるとおもいます。

>ご質問についてですが、生まれてから半年位でしなきゃいけない予防接種ってその当時あったのでしょうか。

正直わかりません。ただ、私はご質問者さまより少し年上ですが、母親はB型肝炎ウイルス持っていませんでした。
そして、集団予防接種で急性灰白隨炎(ポリオ)は生後5か月で受けています。ですから、可能性は全くないとは言い切れないとおもいます。
ただ、ポリオが集団予防接種の使いまわしにあたるのかわかりませんが、受けています。

簡単ですが、ご質問者様のお力になれれば幸いです。
私も、訴訟に関して詳しくないので、もし間違い等あればすみません

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

wbq********さん

2016/2/2902:38:38

私は1965年生まれ,20歳で結婚し妊娠した時に血液検査でB型肝炎陰性だと言われました‼️母親が私を出産の際に輸血したらしく、そちらからの感染経路だと…7年前くらいから半年に1度検査に行ってますが陰性のままです,しかし爆弾抱えてるようなものですから怖いですね〜お母様は血液検査したのですか?輸血などしてないですか 1つ1つ検査してそれからではないでしょうか…

sak********さん

2016/2/2822:16:06

お母さまが感染者でない事は何故わかるのですか?
自分は和解しましたが、内容が決めつけていませんか?
やはり専門医と相談され、弁護士とも相談して下さい
安易に訴訟と言うなら全てクリアしないといけない問題がたくさんあります。
まずは原因解明からです。

アバター

ID非公開さん

2016/2/2811:37:51

昨年、提訴し只今調停中です。訴訟対象者として、昭和23年7月1日から昭和63年1月27日までの間の予防接種等を受けたということが条件になりますが、あなたの場合その条件に当てはまっています。

母子手帳の有無は関係ありません。私も持っていません。
お母様はB型肝炎の感染者ではない、とおっしゃっていますが、どこまで調べましたか?保健所が行っているB型肝炎の検査では、「HBs抗原」の+か-かまでしかわかりません。訴訟に必要な条件は母親の、「HBs抗原」-(陰性)かつ「HBc抗体」-あるいは+(低力価陽性)です。みなさん、ここで引っかかるようです。

「HBc抗体」まで調べるには一般の医院ではやっていないと思います。ちなみに私の場合、母は「HBc抗体」+低力価陽性6.05です。(つまり私から母へ過去に感染したということ)母の血液検査の際、知識のない一般内科に行き失敗し、再度専門医を受診しました。

それからあなたの肝炎のジェノタイプは何でしょうか?Aタイプなら大人になってからも持続感染(キャリア)になることがあります。訴訟対象はBとCです。

今かかっておられる病院はB型肝炎の専門医でしょうか?もしそうでなかったら専門医を受診されることをお勧めします。

キャリアの方でもほとんどの方がキャリアのままで一生を終えると言います。私はたまたま発症し長く患っています。
キャリアのままで終わることをお祈りしています。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

vai********さん

2016/2/2722:02:22

母子手帳に
昭和63年(1988年)1月27日までに
集団予防接種を受けた記載がない場合はダメだよ~

その当時、そんな予防接種はないよ~

だからダメだよ~

VAIBS

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる