ここから本文です

山スキーのスキーシールについておたずねします。 スキーシールを板にあわせてカ...

hot********さん

2016/3/313:07:16

山スキーのスキーシールについておたずねします。
スキーシールを板にあわせてカットする場合、トップもウエストもテールもすべてきっちりと板の幅にあわせて(エッジ分はのぞくとして)カットするのでしょうか。

それともトップとテールは板よりも相当狭めにカットするのでしょうか?

どうぞよろしくおねがいします。

閲覧数:
355
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

zen********さん

2016/3/320:10:49

これは考え方ですね。

先の方が書かれているように登攀力を確保したければ出来る限り全面に張り付けるようにカッティングした方が良いです。

ただ、これまでの経験上、登攀時にシールを利かせている領域は大体決まっており、そこ以外は無くても問題無いと思っています。実際、G3というメーカーの今季モデルはテール部分をかなり短くしてきました。
http://ca-store.genuineguidegear.com/products/alpinist-climbing-ski...

これを見れば必要なのはブーツが乗る部分からちょっとテール側までで、それより後ろは無駄ではないが利きにさほど影響を及ぼさないというのが見て取れます。

他にも老舗の1つであるブラックダイヤモンドはテールエンドの形状を従来と変えてきました。
http://www.lostarrow.co.jp/CGI/products/detail.cgi?seq=000688

エッジも出した方が良いという考えもあれば、エッジまでシールで覆ってしまった方が良いという考えもあります。

質問した人からのコメント

2016/3/9 22:15:59

みなさま

ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

wor********さん

2016/3/320:52:02

材質によりけりです。
随分と昔の話になりますが、本物のシール(文字通りアザラシの毛皮製)は高価だったが、板の幅の60%位でよく効きました。
小生はそのような高価なものを買うことができなかったので、その頃発売になったナイロン製を使いましたが、エッジまでの幅一杯のものです。しかし、先輩の本物のシールには負けましたね、登りは当然ながら降り坂の滑りでも勝負にならなかった経験がある。

これをヒントに考えて下さい。入手可能なら、本物の"シール"をお勧めします。

凡人

eme********さん

2016/3/313:26:35

トップもテールも基本的にスキー幅に合わせカットします。少しでも登坂トランクションを稼ぐためです。 それと私の場合、テールの両サイドを逆三角型(写真は逆三角というより台形ですが)になるようにトリミングしています。私の経験上、この方が 例えば休憩時やツエルトを張るなどの時、スキーを雪面に刺す時に シールのテール部が剥がれにくくなるように感じます。

トップもテールも基本的にスキー幅に合わせカットします。少しでも登坂トランクションを稼ぐためです。...

プロフィール画像

カテゴリマスター

mat********さん

2016/3/313:15:34

エッジのメタルのみが出るようにします。
固い雪面のトラバースなど、エッジ付近だけを使う場合もありますが、
板より幅が狭いシールでは両サイドに滑走面が見えてしまい、
グリップせず登れません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる