ここから本文です

囲碁はもう、人工知能の独擅場となり得るのではないですか?

囲碁はもう、人工知能の独擅場となり得るのではないですか?

囲碁のみならず将棋やチェス等、しばしば人間vsAIの対戦が行われています。
でも私は囲碁というゲームに関しては、もう人間に勝ち目はないと思っています。
それは、囲碁は穴埋めゲームのようなものだからです。
もう少し詳しく言うと、将棋やチェスは、一定の条件を満たせば駒の動きを変えることができます。
だから、その変化も考慮した最善手を探さなければなりません。
ちなみにですが、最善手をあえて外すことでプログラムの穴を突くような戦法も考えられますよね。有名なところでは2八角や角不成とか。
ですから、考慮の分岐が多岐に渡るわけですが、
囲碁はそれよりかは単調です。
単調ゆえに駆け引きといいますか心理戦といいますか、人間が得意とするその辺の要素が勝敗に幾分絡みづらく、
したがって、より最善手を計算できる方に軍配が上がりやすい、
すなわち人工知能の独擅場となり得ると思うんですが、実際どうなんでしょうか?
なんかかなり強い人でも負けたそうじゃないですか。

閲覧数:
978
回答数:
10

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pnw********さん

2016/3/1621:31:06

何で人間ではない人工知能をランキングに入れてるのかよく分からないが・・・。

現在世界ランク1位の中国の18歳のプロ棋士、柯潔九段は「AlphaGo、お前は李世ドルに勝っても俺には勝てない」と挑発的に宣言したらしいので、是非「柯潔九段対アルファ碁」の対戦を見てみたいです。

李世乭九段は、今回アルファ碁に負け越したので、最新世界ランキングは世界5位になったようです。

アルファ碁の最新世界ランキングは世界2位か4位になったようです。

日本の井山裕太九段の最新世界ランキングは3位か4位のようです。

囲碁AI「AlphaGo」、世界ランク4位に
Googleの開発する囲碁AI「AlphaGo」がレーティングサイトで世界ランク4位になった。
2016年03月15日 17時06分 更新
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1603/15/news133.html

米Googleの人工知能(AI)部門DeepMindが開発する「AlphaGo」(アルファ碁)が世界ランキングで4位となった。

5万3000局以上の対局結果を元に、世界1719人の棋士のレーティングを公表しているWebサイト「Go Ratings」で「Google AlphaGo」が4位にランクインした。対局相手の李世ドル九段はすぐ下の5位に付けている。

現在世界ランク1位は「AlphaGo、お前は李世ドルに勝っても俺には勝てない」と挑発的に宣言した中国の18歳のプロ棋士、柯潔九段。日本の最高位は井山裕太九段の3位だ。

李九段が所属する韓国棋院は、最終第5局を実施する15日、AlphaGoに名誉九段の称号を与えた。

囲碁AI「AlphaGo」、世界2位にランクアップ
ITmedia ニュース 3月16日(水)11時21分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160316-00000040-zdn_n-sci

米Googleの人工知能(AI)部門DeepMindが開発する「AlphaGo」(アルファ碁)が3月15日、李世ドル九段との5番勝負の勝ち越しを受け、レーティングサイト「Go Ratings」で世界ランキング2位となった。


アルファ碁対李世乭九段の第5局

・81手目、上辺二線など打たずに素直に膨らみ、中央をにらむ。
・105手目、中央への効かしは残ったので、左下星左へツケる。

これなら実戦よりもいいかもしれません。

でも、それならそれでアルファ碁はまた違う展開を見せていたでしょう。


第3局のコウ争い、下辺で黒(李世乭九段)は2眼ないので、コウ争いで白(アルファ碁)を取らないと黒は生きられない。黒が生きられなければつまり黒が死んで白に取られてしまえば、黒負け、という局面。

第3局のコウ争いの途中でアルファ碁が手抜きしたように見えた、つまり手抜きしても勝てると判断したからだろう。そして結果は李世乭九段が投了した。個人的にはアルファ碁がコウ争いが苦手とは思えないが。

個人的なアルファ碁の印象は、手厚く打ち、リスクの高い手は好まず、勝つ確率の高い手を選んでいるように見える。一見、そんなにのんびり打ってて大丈夫?と思える瞬間がある。

しかし、アルファ碁はいざ戦いとなっても読みは鋭く、形勢判断も人間より正確なのかな、と思ってしまう。

時々アマチュアの筋が悪い手のように見える時もあるが、アルファ碁にかかると良い手になってしまうように感じる。

ただ、どう見てもここしかないだろうという局面でもアルファ碁は時間をかけている時がある。そしてソコに打つのだが、アルファ碁はその間何を考えているのだろうか?やはり計算に時間をかけて形勢判断をしているのだろうか?そうかと思うとえらく着手が早い時もある。この違いは何だろうか?

今回の戦いは、読みや計算に優れ、疲れやあせりの感情のない人工知能が人間に勝ったと言うことか?

人工知能「アルファ碁」勝利 2016年3月16日

英グーグル・デヒープマインド社の「アルファ碁」と韓国の李世乭九段(33)の対戦は15日、第5局が行われ、アルファ碁が勝利した。人工知能と人間の対決は4勝1敗と、人工知能が勝ち越す結果となった。アルファ碁の強さはどこにあるのか。日本棋院の高尾紳路九段(39)と大橋拓文六段(31)に、対局を振り返りながら探ってもらった。

日本棋院の2人が分析
高尾紳路九段 形勢判断の正確さ増す
大橋拓文六段 大技は出さず堅実な手

◇予想以上の強さ

ー開幕前、李九段が優位とみられていた。

高尾:昨年行われた欧州チャンピオンの碁を見る限り、悪手もかなりあり、世界トップとは戦えないだろうと考えた。

大橋:僕は李九段が敗れるかもしれないと思っていた。コンピューターは形勢がいいと判断すると、緩んで悪手が出る傾向がある。形勢判断の正確さをみたほうがいい。アルファ碁はこれまでのものと比べると、けた違いに強い。

◇ごつい攻め(第1局)

ー初戦は李九段の黒7が敗着ともされる。

大橋:あまり見ない手であり、李九段はデータにない手を打ってアルファ碁を迷わせようとしたのではないか。この辺りは李九段の見通しに甘さがあった。アルファ碁は白16、20と押して、黒7の位置が悪いのをとがめている。

高尾:白24のノゾキから26、28と切っていったのは驚いた。碁会所の力自慢のよう。筋が悪く、僕は打てない。しかし実践的で、黒にいい手がない。戦いには自信があるようだ。白66と黒2子を制して、白ペース。

◇衝撃のカタツキ(第2局)

ーアルファ碁は形勢判断をどう考えているのか。

大橋:人間は確定地や厚みなどを総合し、流れを重視して考える。アルファ碁はすべてが計算。一手一手終局まで想定し、勝つ確率を数値化して、一番確率の高い手を打っているのでは。

高尾:人間には一局の構想があるが、アルファ碁にはない。大局観もないだろう。あくまで計算による形勢判断。第2局でそれを感じたのが黒37(15の10)のカタツキ。この手を見て、人間は勝てないと思った。白にイ(16の10・星)と受けられると、右辺に大きな白地ができる。だから怖い手。しかしアルファ碁は計算のうえで、これで十分と言っている。この段階で勝ちを見切っている。

ー第3局は李九段の完敗とされた。

大橋:最後に李九段はコウを仕掛けていった。コウの価値を数値化するのは難しく、コンピューターは不得意のようだ。どうやらアルファ碁も好きではないようだ。弱点が見えた。

◇李九段の勝負手(第4局)

ーこの対局で李九段は初勝利を挙げた。

高尾:78手白のワリコミが勝負手だった。ここからアルファ碁が乱れる。黒79からミスを連発し、自滅した。黒91(の地点)と普通に当てていれば黒の優勢だった。

大橋:長い手数の攻め合いに落とし穴があるのでは。

高尾:ワリコミは黒129地点と黒63の上の地点と2つの(白の)切りを見ている。僕は、ある範囲の中に複数の弱点があると対応できないのではないかと思った。

ー第5局は序盤でアルファ碁が失敗し、李九段が優位に立った。しかしアルファ碁はじっくりと打ち進め逆転した。

高尾:憎らしいほど落ち着いている。これまで形勢判断は人間の得意分野だったが、そこがひっくり返った。

ーアルファ碁の特徴をどうみるか。

大橋:意外に厚い手を好む。堅実だ。相手の大石を召し捕るような大技はない。そうした手はリスクもあり、低い数値評価になるのでは。

高尾:序盤は課題があると思う。中盤終盤になるほど強くなる。

ーアルファ碁は囲碁の進歩に貢献するだろうか。

高尾:一番の武器は計算。人間では不可能な計算をし、着手を選択している。人間にはない価値判断であり、碁の視野が広くなった気がする。

大橋:アルファ碁流の計算による形勢判断に挑戦しようという棋士が出てくるだろう。新しい世界を開くかもしれない。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

rms********さん

2016/3/1722:45:02

「アルファ碁VS柯潔九段」「アルファ碁VS井山裕太九段」の対決が早く見たい。

韓国人「日本は実力もないくせに恥ずかしくないの?」イ・セドルに続け!日本の井山裕太棋士や中国の柯潔棋士も“アルファ碁”に挑戦状を叩きつける!
2016年3月17日
http://blog.livedoor.jp/sekaiminzoku/archives/47109235.html

囲碁世界ランキング1位の中国の柯潔9段がイ・セドル9段を破ったアルファ碁に公開挑戦状を投げつけました。 敗北した時の棋士の自尊心を守るために勝つ確率は60%ぐらいと語りました。

中国囲碁高段者であり、世界ランキング1位柯潔9段が中国版ツイッターの微博に載せた文章です。

「プロ棋士の尊厳に向けて全力を尽くして一戦を行うだろう」、アルファ碁に公開挑戦状を投げ付けました。

中国のスマートフォンメーカー真理が、自分とアルファ碁の対局を支援することにしたとし、スポンサー契約のポスターも一緒に公開しました。

柯潔9段は機械は、多くの面で非常に強いが、一部の計算過程に弱点があるとし、勝利を確信しました。

しかし、アルファ碁が進化し続けるだけに、時間が経つほど勝つことはより難しくなると予測しました。

[柯潔9段/世界ランキング1位:もちろん勝つ確率は前よりそれほど高くありません。 私が考えるのは勝率が60%程度です。]

中国政府も人間と人工知能の囲碁の対決に大きな関心を見せました。

[李克強/中国首相(今日の全国人民代表大会閉幕の記者会見):最近、韓国記事とアルファ碁の様人間-機械間の囲碁対局をし、これは多くの第3国国民の注目を受けました。]

ただ、中国政府が言論統制措置の一つとして中国内でグーグルやユーチューブに対するアクセスを遮断しているのが対決の成功の変数になることができます。

このような中、日本棋院理事長の堀義人もツイッターを通じて、グーグルの開発者に、日本の囲碁第一人者である井山裕太とアルファ碁の対決を希望すると明らかにしました。

sae********さん

2016/3/1423:51:39

前提が間違っていますよ
囲碁の前にチェスや将棋は人間の時代は終わっています

将棋は随分前に今回のアルファ碁のように
ハードにクラスタを使用したソフトに
トップクラスのプロがなすすべなく負けました

現在の将棋の世界では家庭用PC一台相手に
事前にソフトを貸し出しさせて
ソフトの改良を禁じ ソフトの欠陥を研究して
なんとか勝負になっている体たらくです

囲碁で同じように 人工知能の性能を制限して あらかじめソフトの欠陥を研究した状態でトッププロが対戦すれば
トッププロが勝つ確率がかなり高いでしょう

クラスタ化したPC相手に 事前貸し出し無し 改良ありでトップクラスのプロが1勝3敗なのですからね

2016/3/1311:10:38

将棋が
「プロ棋士に勝つことをコンピューター将棋の開発に取り組んできた学会のプロジェクトが「目的を達した」として、終了宣言」

したように、囲碁もそうなるんでは?

プログラムの開発目的って、いろいろな理由がありますが、少なくとも囲碁界(将棋やチェスも)を、AIが支配することではないですよ。(苦笑

「この囲碁界は、我々悪の人工知能軍団が支配した!
お前ら、AI様にひれ伏すがよい。がーはははっ。」

みたいなことになるとおもってます?

そろばんも地味に存続してますしねー。
囲碁は詳しくは知りませんが、心理戦や個性がでるのなら、単純な勝ち負けではなく、心理戦を楽しむ人も多いと思いますが。

sin********さん

2016/3/1301:04:19

可能な限りの職業は人工知能が肩代わりする事になるでしょう
飛躍しますが
人工知能は、人間の価値=能力、という現時点の社会の誤りを
指摘してくれているかのようです
人の価値は能力ではなく人格で、その能力は切り離して考えるべきだと
人工知能が示唆してくれているかのように感じます
おそらくは将来の人工知能が人の能力の欠落部分を補ってくれる事でしょう
無知も有能も同列に並ぶのです
最期に残されるのは性格という事になるわけです
逆説的ながら、現時点の性格悪が社会で活躍で台等しているのは
能力がセット構造のように存在するが為です。
助けられているのです
人工知能の能力を皆が使用できれば淘汰の最優先です
その更に未来では、その性格すらも改変可能かもしれませんから
どうなるかわかりませんがw

ksu********さん

2016/3/1120:22:35

なり得ると思います。
人工知能の成長スピードは凄まじく、開発者達の才能と努力に感服します。
確か私の記憶では囲碁以外の主要ボードゲーム(将棋やチェスなど)は既にコンピュータの方が勝率が良かったと思います。囲碁も追いつかれたとなると数年、数十年もすれば人間は歯が立たなくなる恐れは十分に有り得ます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる