ここから本文です

貸借対照表に記入する元入金について質問です。

chi********さん

2016/3/1311:18:42

貸借対照表に記入する元入金について質問です。

翌期首の元入金は、

今期元入金+今期末事業主借+所得-今期末事業主貸

上記計算式で算出した額を、貸借対照表の負債・資本の部の元入金(期首期末)に入力するのだと思っていたのですが、
貸借対照表の下部には「期首の資産の総額から期首の負債の総額を差引いた額」と書いてありました。
他の方の質問で貸借対照表が合わないという質問に対して、上記のように貸借対照表の元入金欄は「期首の資産-期首の負債」を記載すると回答がついていました。

一体どちらが正しいのでしょうか?
翌期首の元入金の計算方法で出した額と、貸借対照表の期首資産ー期首負債で計算した額は同じにはなりませんよね。。?


貸借対照表について下記質問もしておりますm(__)m
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1015694295...

------
個人事業主、青色/会計ソフトは使っていません

補足昨年度と本年度の貸借対照表の内容を記載して改めて質問させていただきましたm(__)m

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1115695811...

閲覧数:
1,192
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

uzg********さん

2016/3/1312:03:19

どちらも正しいです。計算結果が同じになるためです。

違ってしまっているのでしたら、どこかで間違えてしまっています。青色申告特別控除前の所得金額を使っているか、前期末の貸借バランスは合っているかなどをご確認ください。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2016/3/13 21:11:01

気にかけていただきまして、ありがとうございます!
無事に解決となりました。
こちらの質問で、元入金について知る事ができたのでよかったです。
貸借対照表の仕組みや簿記の仕組みをもっと勉強したいと思いました。

tfreewheelinさんもご回答ありがとうございましたm(__)m

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tfr********さん

2016/3/1311:52:56

資産ー負債=元入金+所得
ですから、基本的な考え方はどちらも同じです。
但し、事業主勘定の残高は翌期に繰り越しませんので、差引きして元入金に組み入れます。
したがって、+事業主借ー事業主貸も必要です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる