ここから本文です

邪馬台国の場所は近畿では? もし北九州でも、大和政権下の北九州地方を勝手に...

yas********さん

2016/3/1508:14:43

邪馬台国の場所は近畿では?

もし北九州でも、大和政権下の北九州地方を勝手に野蛮な島国の都と勘違いした。邪馬台国は日本語でなく中国語で大和朝廷を意味するだけ。 チャイナと志那の違いみたいな。


と考えるのが自然では?

補足邪馬台国が日本の一部地域で大和朝廷と異なる組織なら大和朝廷に一本化した方法が明確になる必要がある。故にそれ以前に統一されていたと考え、地方都市(有力者の領地)を都と勘違いしたと推測します。博多あたりを勘違いです。

閲覧数:
411
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

don********さん

2016/3/1816:19:56

いわゆる大邪馬台国説と小邪馬台国説です。
近畿を邪馬台国とすれば、その勢力は瀬戸内、北部九州まで及んでおり、すでに巨大国家が誕生していた。と考えられる訳で
もし、九州なら、一豪族が日本の王を名乗り、あることないこと中国にウソをつきまくった。と言う考えです。

さて、248年に卑弥呼が死んだとされています。
以下の絵は卑弥呼の大本命、ヤマトトトヒモモソ姫の墓とされている箸墓古墳です。
最近、炭素歴史年代測定で建設年が250年前後とでてしまいました。
また、その規模は建設当時500mにもおよび、これは大山古墳と匹敵する大きさです。
つまり、邪馬台国がヤマト王権であろうとなかろうと、既に卑弥呼の時代は、牧歌的な弥生時代ではなく。古墳時代に突入し、万単位の人間を投入できる巨大な国家政権が誕生していた。と言う事が分かっています。

いわゆる大邪馬台国説と小邪馬台国説です。...

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

rir********さん

2016/3/2119:07:23

畿内説は京大閥。
九州説は東大閥。
中国・魏に朝貢したような
倭・邪馬台国はヤマト政権ではない。
みっともない。
邪馬台国は九州の一地方豪族。
卑弥呼もそういう国のあやしい女酋。
明治以降、昭和初期まで
そういう国の見解でした。
畿内説はアンチ東大で
畿内説へ。

tri********さん

2016/3/2113:10:25

近畿です。
九州説を示す確定的な根拠がありません。
そこで近畿説に関してです。
近畿説は、古墳時代後期の舎人親王が主となり記載した日本書紀にも奈良が中心となっています。その記載は、それまでの言い伝えや書物などから比定されており、九州など全く出てきていません。卑弥呼が葬られた可能性の高い箸墓古墳は纏向遺跡の一角にあり、その他、大王レベルの前方後円墳が乱立しています。
527年の磐井の乱は有名で、九州地方の豪族が歴史の表に初めて出てきたものです。それまでにも神武天皇が九州から奈良に都を移したとされる時期は卑弥呼の時代より過去のことです。それで大和を中心とした勢力が大きくなり、その時期に3世紀の卑弥呼が現れます。舎人親王は卑弥呼と壱与を神功皇后に比定したといわれており、その当時も、当時の日本国内において女王とよばれるに相応しい人物が、奈良以外で見つけることができなかったか、孝霊天皇の子女に倭迹迹日百襲姫命がおり、皇女とはいえ大王でもない人物が、前方後円墳に葬られている点からして、相当な権力を保持していたと思われます。
また魏志倭人伝には倭迹迹日百襲姫命がでてこず、日本書紀には卑弥呼が出てこない。双方が同一人と考えることも可能。
そして九州説では邪馬台国の位置が特定されておらず、日本書紀や古事記の記載事項に関しての異論が全く挙がっていない。
九州説は奈良の後に立てられた説であり、それらが出るまでは邪馬台国は奈良とされていたわけです。よって異論を唱えるなら、日本書紀の記述も含め、古墳等も特定した上で論じるべきかと思います。

プロフィール画像

カテゴリマスター

oji********さん

2016/3/1811:24:25

質問者さんのご意見は全て憶測です。

もし、「邪馬台国近畿説」をご提示されるのであれば、科学的根拠を示すべきだと考えます。

それとも単なる自説の披瀝でしょうか?

tsu********さん

2016/3/1708:56:52

何やらいろいろと面白いコメントが書かれてますが、疑問があるので教えてください。

>測定誤差を統計処理により修正して箸墓古墳の場合は240~260年幅で95%に収まるようにされています。

この箸墓古墳のデータはリンク先には書かれてません。
どこにあるか教えてください。

>私は近畿だと思っています。
その根拠は帯方郡からの総距離にあります。

魏志に総距離は一万二千余里と書かれてますが、どうして近畿まで届くのか具体的に教えてください。

中川岳志さん

2016/3/1519:47:41

私は近畿だと思っています。
その根拠は帯方郡からの総距離にあります。
それから邪馬台国はご指摘のとおり中国語であって、
どう考えても大和国であるとしか思えません。

それと魏の時代の日本地図は、
九州からずっと南に延びていました。
ですから公孫氏や呉との三国同盟をされると、
実に厄介なことになりますから、
魏は卑弥呼との国交を歓迎した向きがあるとも言われます。
蛇足ですがこの卑弥呼も中国語です。

陳寿はこの地図と照らし合わせて、
九州から東と言われてきたのを、
南に改めたのではないかという説があります。

ただし卑弥呼が邪馬台国の女王かどうかが、
私は問題だと思っています。
伊都国に女王ありというのがあり、
これが卑弥呼ではないでしょうか。
それは伊都国までの文面とそれに続く文面は、
明らかに違っていますので、
これ以降は台与の時代に、
書き加えられたものという見方ができます。
それと狗奴国は九州だと思えますので、
邪馬台国が畿内であっても、
伊都国の南が自然に思えます。

もしこうだとすると、
台与がどのような経緯で大和に移ったのかが興味があります。
東征なのか東遷なのかですね。
大和が中央にあっても、
九州では争乱が頻繁に起きていて、
有力な人材が大宰府に昔から送られた向きはあります。
そうしたことも合わせて考えると、
面白いと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる