ここから本文です

胡蝶蘭の根っこの手入れについて教えて下さい。

kim********さん

2016/3/1800:22:12

胡蝶蘭の根っこの手入れについて教えて下さい。

胡蝶蘭を育てるのは初めてで分からないことだらけです。
初心者なので少しわかりやすく教えていただけると助かります。


まず基本情報です。
胡蝶蘭の種類は不明です。
白い花をつけていたのは覚えています。
水苔に植わっていました。


花の終わった胡蝶蘭を譲り受けたはいいものの、水やりが適当すぎたせいか葉っぱの元気がなくなってきました。

具体的に葉っぱに出た症状は
・ハリがなくなる
・シワがよる
です。

これはまずい、と思い株を取り出して根を確認すると、根腐れしていたり、しおしおに白く萎れている根が何本もありました。

さすがにダメだな、と見たり触ったりでわかる根は消毒したハサミで切りました。

ここで質問1個目です。
①根の先がぶよぶよと腐っているが、根元の方は緑でハリがある根っこはどの部分から切ればよいでしょうか

また、生きているのかわからない根っこが何本もあります。
以下の根っこは生きているのでしょうか。
よろしくお願いします。

②緑色をしているけど萎れ気味、かつ、指でつまんでもカッチリとした硬さがある根っこ
③茎よりの部分が白っぽくなっているが根の先の方は緑色の根っこ
④節が出来ており、その節の部分が黒ずんでいるが、節の先は緑色の根っこ
⑤先端が黒ずんでいる根


写真は1番根が生きていると思われる株です。
3株が1つの鉢植えに植わってました。
なんとなく萎れ気味な根っこですが、硬さはあるんです…。
今は日陰で干しております。

根っこ,胡蝶蘭,緑色,葉っぱ,水苔,何本,水遣り

閲覧数:
1,527
回答数:
4
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kak********さん

2016/3/1808:50:09

胡蝶蘭の根に付いて。
ランの根は主に芯根と根皮に分かれます。(正しくは5層)
中心の芯根はロープの様な物で、肝心なのは根皮の方です。
ベラーメン層と呼ばれるコルク質でここに水分を取り込み運搬
します。そしてこの部分が樹木や岩肌にくっ付く役目も荷ない
ます。

>①根の先がぶよぶよと腐っているが、根元の方は緑でハリがある根っこはどの部分から切ればよいでしょうか
ボソボソに成っていて、芯根と根皮が筒に成っている根は切取り
処分します。
つまんで見て硬くしっかりした根は1cmでも大切にします。
元気な根を途中で切る事は論外です。

>②緑色をしているけど萎れ気味、かつ、指でつまんでもカッチリとした硬さがある根っこ
胡蝶蘭の根にも葉緑素を持っていて光合成もします、鉢の表面
に出ている根はその様に成ります、胡蝶蘭は本来、樹木に着生
していますから、これが本来の根とお考え下さい。重要です。

>③茎よりの部分が白っぽくなっているが根の先の方は緑色の根っこ
茎から生えたばかりの根、先の緑はおそらく根冠かと思います。
この部分が根の成長点で、この部分が触れた材質に根を合わせま
す。水苔なら水苔用の根に、空中なら空中用の根と云った具合で
すから、鉢の淵に回った露出した根を植込みすると、必ず根腐れ
するのは根の性質が違うからです。
露出した根は基本植替えしても露出させる方が良いと思います。

>④節が出来ており、その節の部分が黒ずんでいるが、節の先は緑色の根っこ
③とほぼ同様です。途中から枝分かれする事は良く有ります。

>⑤先端が黒ずんでいる根
先端が黒い根は成長を止めた根です。
根自体が白っぽく硬くしっかりしていれば生きている根です。
胡蝶蘭は
最低気温が18度以上で湿度が日中60%以上、夜間80%以上ある
環境で、根の先側に塩類等が無ければ成長を続けます。
気温が低かったり、急に環境が変わると成長を止める事が有り
ますのでご注意下さい。

胡蝶蘭はカトレアやデンドロの様にバルブと呼ばれる栄養や水分
を蓄える器官を持っていません、根を大切に育てないと葉の維持
が出来なくなって最終的には落葉させます。
根は収入と考え、葉は支出と考え、そのバランスで成長します。
根の量しか葉や花は維持出来ません。
ですから1cmでも大切にします。
以上、参考に成れば幸いです。

胡蝶蘭の根に付いて。
ランの根は主に芯根と根皮に分かれます。(正しくは5層)...

質問した人からのコメント

2016/3/23 19:12:43

たいへん詳しく回答を下さりありがとうございました。
みなさんの回答全てが参考になりました。

ベストアンサーは最も詳細に回答をくださったkakedashinooyaziさんに差し上げます。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

san********さん

2016/3/1813:27:33

着生蘭の根はもともと地中にあるものではなく樹木なとに着生して空気中の湿度を取り入れているものです。これに水遣りで余分な水分を与えるのは加湿になり、枯れる原因にもなります。

meg********さん

2016/3/1811:25:20

この写真で見る限りでは、どうこう言う状態ではありませんね。 私なら何もしなです。 相手は植物ですよ! 人間が余計な心配をしなくても、自身で生きていきます。

tyo********さん

2016/3/1810:23:09

全ては水遣りが多すぎた原因の根腐れですね。

腐った根ですが根の先端が腐って少しならそのままにしていても
差し支えないです。
他は腐った部分のみ切ることです。
写真の状態でならそのまま水苔を巻くか、根を丸めて
バーク材を流し込み。
鉢は水苔なら素焼き鉢へ、バーク材ならプラスチックか、
瀬戸物鉢。
水苔で通気性の悪い鉢へ植えこめば乾くのが
悪いので根腐れしやすいのです。
朝水やりして夕方乾くのがベストなので。
2~5までは生きています。5の先端だけ切るだけです

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる