ここから本文です

徴兵制は共産党や民主党のデマなんですか?日本が徴兵制の導入をすることはこれか...

turitonekonoさん

2016/3/2020:11:21

徴兵制は共産党や民主党のデマなんですか?日本が徴兵制の導入をすることはこれからもありませんよね?

閲覧数:
444
回答数:
18
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2016/3/2400:15:57

デマでもなんでもありません。

戦争法を廃止しない限り、日本に何らかの徴兵制が導入する確率はかなり高いと言わざるを得ません。

現在の自衛隊の志願状況がどの程度か、あなたはご存知ですか?

今回の戦争法の制定により、自衛隊の志願者は前年から2割減りました。
前年度の自衛隊の実質的な男子の志願倍率は約2.3倍でしたから、今年度も同じ人数を採用しようと思ったら、その志願倍率は1.8倍程度となります。
一流の私立大学だって募集人員の2倍程度を合格させてようやく定員を満たしているのですから、この志願倍率は、よほどのことがない限り、全員合格させて、ようやくこれだけの人数を確保している状況です。

よく、自衛隊の志願倍率は7倍だ10倍だなどと言う人がいますが、男子の曹候補生と自衛官候補生は近年7〜9千人採用しているので、もしそんなに倍率が高いなら、高校を卒業する男子生徒のうち5〜10万人くらいが自衛隊に志願していることになります。
でも、進学率が5割を超えているのですから、5〜10万人ということは、就職希望の高校3年生のうち、3〜6人に一人は自衛隊の採用試験を受けているということになります。あなたの周りを見て、そんなに沢山の自衛隊志願者がいますか?

実際には、自衛隊に入るにあたってはいくつかのカテゴリーがあり、それを併願できるので、そういう併願者をダブル・トリプルでカウントして7倍だの10倍だのと言って国民を騙しているだけで、実質的な倍率は上記のようなレベルでしかないのです。

しかも、2004年から2009年位かけて実施された自衛隊のイラク派兵期間中に自衛隊の志願者数は下がり続け、また防衛白書によれば2006年度から2007年度にかけては全隊員の12%にあたる28千人が辞めたという数字もある。

アメリカが日米同盟を強化しようと思うなら、間違いなく、アメリカの戦争に何らかの形での参戦を求めて来ます。
そこで、戦死者でも出ようものなら、現在でもギリギリなのですから、とても志願制では自衛隊を維持できないと考えるのが自然でしょう。

*****

よく、徴兵制あり得ないを主張する人は、以下に挙げるようのことを言いますが、いずれも、当人の願望に過ぎず、そのようなものが理由にならない、具体的な反証が既に存在します。

*****

1「現代の戦争は徴兵なんか役に立たない?」

現にアメリカは、実質的な徴兵と言って良い州兵を、半年間訓練しただけで、イラクの最前線に送り込んだ。現代の戦争を戦う、世界最強の軍隊であるはずのアメリカだって、そうやって人を集めて戦争をしているというのに、何を呑気なことを言っているのか。

2「ハイテク兵器は素人には使えない?」

ハイテクによって車の自動運転を実現させようとしている、即ち、免許がなければできなかったことを、素人に近い者にもできるようにするというハイテクの使い方が示されている時代に生きている者が、何を浮世離れしたことを言っているのか。

現に、自衛隊の戦車にしたって、戦闘機にしたって、世代が新しくなるほど、搭乗員の数が減っている。即ち、ハイテクによって人間の負担を軽くしている、それだけ、搭乗員の練度によらずにそこそこの結果を出せるようにしているのです。
もし、ハイテク兵器の扱いが難しいなら、搭乗員の数を増やし、操作する機会を増やし、予め扱える者を増やしておかなければ、一人の搭乗員が負傷しただけで、そのハイテク兵器がガラクタになってしまうというリスクが増大してしまいます。兵士が死傷しない、そんなおバカな前提をもつ国防組織なんて世の中に存在するはずがない。

即ち、搭乗員を減らしているということは、その兵器の扱いが容易になった証拠です。


3「一人前の隊員に育てるのに最低でも5、6年かかる?」

現実に、自衛隊の「士」の平均勤続年数は4年強でしかないんですけどね。何が5、6年で一人前なんでしょう。
もちろん、これは下士官に昇進している者がいるからでしょうけど、だとしたら、日本の自衛隊は、半人前に毛が生えた程度の兵士を下士官にドンドン昇進させているってことになってしまいます。
そして、米英の兵士の勤続年数だってだいたい平均6年程度。たとえ志願制でもそんなに長く務める気にはなれない、それが実際に戦争を戦っている国の軍隊。
5、6年かかるなんて悠長なことを言っていられる軍人は、リアルな戦争を戦ったことがない、憲法9条にその身を守ってもらって来た日本の自衛隊員だけでしょう。

4「日本を守るのは空と海だ、徴兵で陸自を増やしてどうする?」

集団的自衛権を行使できるようにしたということは、日本以外の国の戦争に参戦すること。日本の防衛の主体がどこかなんて全く関係がない。アメリカがイラクやアフガニスタンで最も犠牲を払っているのが陸軍の治安維持部隊なんですから、まず、その肩代わりを求めて来るだろう、それが一番、アメリカにとってのメリットなのだから、という想像力も働かないのか。

5「先進国は徴兵制なんて廃止した」

冷戦の集結により、西欧諸国は兵力を半減させることができた。
その平和の配当によって、これらの国々は徴兵制を停止することができたのです。
ですから、そういう平和な状態の維持を前提としてなら、徴兵制を導入せずに済む可能性は高いと言えるかもしれない。
欧州と同じく、極東も冷戦は集結し、自衛隊の兵力も半減できる、だから西欧諸国と同じように、日本も徴兵制は不要、と言うならわかります。
ところが、この「徴兵制あり得ない」を連呼する人々ほど、中国の脅威を言い立て、集団的自衛権の行使の必要性を訴え、即ち、今以上に自衛隊の持つ国防力を更に高めるべき状況ばかり想定している。
そういう人々が、「先進国では徴兵制を廃止した」などと言うのは、完全に自己矛盾を引き起こしていると言える。
中国の軍事的脅威が高まっている、西欧諸国がNATOという集団的自衛権を行使し合う機構を作って、旧ソ連の軍事的脅威に対応したように、日本も集団的自衛権の行使ができるようにしないと日本を守れない、と言うなら、冷戦の頃の西欧諸国と同じように日本にも徴兵制が必要だ、という結論になるのが、論理的な思考ってものです。

6「徴兵制で兵士を増やしたら防衛費が足りない」

徴兵制と国民皆兵制をごっちゃにしてこういうことを言う人も多いですが、どれだけお隣の韓国に影響されているんでしょう。
戦前の日本だって国民皆兵制なんて採用していない。徴兵制というのは、必要な数だけ、国家が兵士に相応しいと判断した人材を国民全体から選ぶ制度であって、全員を兵役に就かせる制度ではありません。
従って、現在の自衛隊の規模で日本の国防が十分なら、直接の人件費は今と変わりません。増えるのは徴兵検査の費用と名簿の管理費用だけ。

むしろ、強制的に集められる分だけ、給料を下げることだって可能なくらいです。

もし、徴兵制で自衛隊員の数を増やすとしたら、集団的自衛権行使のための要員が足りなくなったと考えるべきでしょうね。
即ち、この戦争法が国家財政を更に逼迫させるのです。

7「安倍首相は徴兵制は導入しないと言っているし、徴兵制は憲法違反だ。」

徴兵制導入を決めるのは安倍じゃない。
今はまだ選挙権すらもたない、現在の中高生が、死地に送られるとわかってなお、どれだけ自衛隊に志願するかで決まるのです。

いくら安倍が導入しないと言い張ったって、現に、誰も自衛隊に志願してこなくなって、自衛隊がスカスカになってしまったら、何らかの方法で強制的に隊員を集めるしかないじゃありませんか。
その時、「安倍は徴兵制は導入しないと言っていたじゃないか」なんて言って、反対する人がどれだけいます?
現に自衛隊員がいないんですよ?
安倍が一人で他国の武力攻撃を止められるんですか?

そんなわけありませんよね。
今は「あり得ない、レッテル貼りだ」なんて言っている御用マスコミも、手のひらを返して、今と全く同じように「安全保障環境が変化した、いつまでも過去の約束に囚われるわけにはいかない」とか何とか言って、加えて「国防に協力しない者は非国民」とか言って、徴兵制導入の旗ふり役となることは火を見るより明らかでしょう。

憲法違反なんて話は、それこそ解釈改憲をやって憲法9条を骨抜きにした安倍という実例があるんですから、全く根拠にならない。
徴兵制は苦役なんかじゃない、国を守る崇高な任務だ、とか何とか言うだけでパスです。

*****

とまあ、こんな具合です。
徴兵制あり得ない、なんて全く根拠のない願望です。

そして、これだけは言えます。
この戦争法の制定をごり押しし、勇ましい事を言っていた大人達は、自衛隊の志願者が減って来たとしても、その責任を感じて自ら自衛隊に志願するなんてことは絶対にしません。
若者に全てを押し付けて、自分達は安全地帯から「日本すごい、自衛隊偉い」と言い続けるだけです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/17件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gloomsharkさん

2016/3/2701:12:38

そもそも自衛隊の求人状況は民間の求人状況に左右されるものであってバブル期などは現在よりももっと厳しい状況にありました。
またPKO法案などが問題になっていたときも「これで自衛官を志願する人間がいなくなり、徴兵制になる」などと言われましたが大外れでした。
現在、徴兵制を主張している人達はそういう「狼少年」と見て間違いありません。

akhahabikoruさん

2016/3/2701:07:17

共産党も民進党(民主党)も色々小細工して、議席を増やすことしか考えていない
バカ政党だから、勝手な思い込みで、安保法案を理解できないんだろうね

https://www.youtube.com/watch?v=T0wJSMUtocw

rea764さん

2016/3/2510:07:43

自衛隊をやめる人が増えてます

人が足りなくなれば、自動的に徴兵制になるでしょう。。。。。。

2016/3/2400:04:11

100%とは言わないまでも99,9%ないといいきれます
理由としては現代戦における兵器のハイテク化及びそれに伴ったコストの上昇です。
例を二つあげます

1戦車:最後の徴兵制によって集められた兵士同士の大規模戦争であるww2時のドイツ軍主力戦車であるⅣ号戦車は各タイプあわせて採用された1939年から終戦まで六年間で8500両生産されて一両あたりの値段は現在の日本円で約一億四千万円、にたいし今のドイツ軍主力戦車レオパルド2は1979年から37年間で約1800両生産され一両あたり輸出価格で約八億円から十億円ほどです。

2戦闘機:同じくww2時のアメリカ陸軍主力戦闘機P47は生産開始の1943年から終了の1945年までの二年間で15560機が生産され一機あたり三億三千万円程、で現在のアメリカ空軍主力戦闘機のF16は採用された1975年から40年で4500機生産され価格は一機あたり約十八億八千万円となっています

勿論戦時と平時で差が出ることはわかっています。けれどなおそれを引いても相等な高コスト化が進んでいるといえます。

そしてこの高コスト化した兵器を徴兵した兵士に支給しなければなりません。それにハイテク化した現代兵器は使うのに当然専門技術が必要となります。徴兵一年目の新兵達への兵器の配備コスト+専門技術の教育費用だけで日本の防衛予算数年分は無くなるでしょう。更に徴兵制を敷いて兵を増やすということは既存の基地の拡張及び新たに基地を建設する必要があります。その建築費用や食費費や基地の光熱費、さらに自衛官の給料も考えたら徴兵制最初の一年間で防衛予算10年分は使いきります。

以上の理由により日本は徴兵制をしません、というより金銭的な問題でできません。

けれどする可能性を0.1%残しておいたのは万一日本が他国に侵略されて国民になんでもいいから武器(それこそ猟銃や包丁でもいいから)を持たせなければならない状況になったばあいです。まあ、そんなこと起きないとは思いますが

質問あれば返信にてお願いします!気がついたら答えますので!

dmtbb404さん

2016/3/2322:36:58

共産党が万一政権を取ったなら、徴兵制はあるかも知れません!

共産系の政党が政権を担っている国を見ればわかると思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。