ここから本文です

日本にはPAC3は何個ありますか? その数で日本を守るのに十分なのですか?

winwinrelationさん

2016/3/2120:08:05

日本にはPAC3は何個ありますか?
その数で日本を守るのに十分なのですか?

閲覧数:
2,486
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

p0te_p0tet0さん

2016/3/2415:28:21

現在パトリオットを導入している空自は6個高射群24高射隊の内、18個高射隊に配備されています。
1個高射隊につき16発搭載のPAC-3が2個発射機と4発搭載のPAC-2が3個発射機配備されています。
ですので日本全体でPAC-3は576発、36発射機が配備されています。

そもそもパトリオットシリーズの任務は部隊に同行して基地に侵入する敵の航空機やミサイルに対し迎撃するエリア防空ミサイルですので、全世界にあるPAC-3を展開しても日本全体のカバーは不可能です。
あくまで、重要防護対象の周辺を守るミサイルです。
そのような地上に配備して広域をカバーするミサイルはより大型なイージスアショアシステムやGBIの仕事です。

日本全体を守るのは大型のSM-3を搭載したイージス艦の仕事です。

質問した人からのコメント

2016/3/24 15:47:47

参考になりました。ありがとう

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2016/3/2310:14:14

日本の自衛隊において、パトリオットPAC3を運用しているのは、航空自衛隊です。
陸上自衛隊ではありません。
アメリカでは陸軍がパトリオットを運用しています。

陸と空をどこで分けるのかは、各国で考えが違います。
ヘリコプターは陸軍、空軍とも保有する事が多いですが、国によっては空軍だけという例もあります。
地対空ミサイルも同様です。

アメリカでは地対空ミサイルは、基本的に陸軍の管轄です。一部が、海兵隊にもある程度です。
空軍基地を防衛する場合も、陸軍のミサイル部隊が駐屯します。

一方、日本の場合、地対空ミサイルの管轄は複雑です。
パトリオットは長距離地対空ミサイルとされ、航空自衛隊だけに配備されています。
03式やホークは、中距離地対空ミサイルであり、陸上自衛隊に配備されています。

しかし、短距離ミサイルは、基本的に陸自、空自、さらに海自にも配備されています。
81式短距離地対空ミサイルや91式携帯地対空誘導弾がそうです。
これは、陸自、海自、空自それぞれが基地や部隊などの自己防衛のために用いる必要があるからです。
なお、81式の後継、11式距離地対空ミサイルは、2011年に陸自と空自に配備がはじまったばかりです。海自には未だありません。
また、93式近距離地対空誘導弾は陸自だけのようです。

さらに複雑なのは、過去に配備されていたナイキです。
射程の異なるバージョンがあり、それぞれ空自と陸自に分けられていたんですが、
後に全て空自へ移管されました。
ただし、現在は使われていません。
なので守れるぐらいの量はありますが少し少ないように思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。