ここから本文です

リフォームの見積書は、厳密に書かれているものですか?

吉田典生&小田由美子さん

2016/3/3011:13:33

リフォームの見積書は、厳密に書かれているものですか?

補足見積りをとる場合は、リフォームの元締めが実際に作業を行う職人を連れてくるものですか?

見積書,リフォーム,見積もり,業者,元請け,内訳書,書き方

閲覧数:
324
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2016/3/3022:18:24

金額や内容にもよりますが、厳密に書くと見積もり書自体が大量の部数になってしまうので、ざっくり書き1枚で納めようとする場合もあります。厳密に書く場合は内訳書を別に作りますが、カタログ商品のように目に見える部分を安めに設定し見えない部分に余裕をもたせるなど、見積もり作成者が経験をもとに作っていますのでリフォームの見積もりは
どちらにしろザックリですよ。
逆に、元請け.下請けなど業者間の見積もりや発注はシビアになります。
元請けは、見積もり金額全体を考慮しながら工事を進めて行きますので
、あまり厳密な見積もりを出し過ぎても色々と困るのです。
言い方を換えれば、プラスになる部分マイナスになる部分を総体的に見ていますので、細かい部分を後から突っ込まれないようにする為に曖昧な書き方をしているとも言えます。
一式というのは、確かに認知されない書き方かも知れませんが、信用するかどうかは相手方の腹ひとつですし、ここでグダグダ言っても仕方ありません。厳密な見積もりを出した業者に予想外な課金をされ戸惑う場合もあるでしょう。
一式の曖昧な見積もりの業者が予算内で余分な事も綺麗に納めてくれて
感謝な場合もあるのです。

相場が曖昧な世界なのは仕方ないことですし、結局は払った金額に見合うだけのものを提供してくれたのか
?という事になりますので結果が全て。信用出来る業者さんがいない場合には、評判をじっくり調べてから発注するこです。見積もり書が足場で仕事をする訳じゃないから。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

cra********さん

編集あり2016/3/3103:28:35

大まかでしょう。

蓋(床下、天井、屋根、壁等)を開けてみないとわかりません。

よって、普通ならこれくらいと言う見積もりでしょう。

●職人を連れて、下見に来るところもありますし、担当者だけの場合もあります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ゲジリンさん

2016/3/3014:38:11

厳密???漏れが無いよう目が配られてるさまって意味であれば!
正直リフォーム的な見積もりでは無理でしょうね。
見えてない情報は予測の元で見積もりしなくてはなりませんので!

だからこそ、見積もり内に記載なき事項は打ち合わせの上施工とかの一筆は必須と思えます。
その意味から言えば厳密は不可能かもしれません。
(但し、何かを単純に設置とかなら見積もり通りは可能です)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2016/3/3014:20:39

そんなざっくり書いてる業者はあてになりません。
見積もりが全て一式ってなってる時点で私なら信用しませんね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる