ここから本文です

100円BIGって、BIGと当選確率は同じだけど、投資が1/3の分、当選金も約1/3というわ...

n700a_g_nobuさん

2016/4/219:29:31

100円BIGって、BIGと当選確率は同じだけど、投資が1/3の分、当選金も約1/3というわけですか?

閲覧数:
21,883
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

quanrishiさん

2016/4/220:38:45

ほぼそういうことになりますが、100円BIGには6等がありません。

売り上げの半分が当せん金になりますが、その割合が異なります。

BIGは、1等に76%、2等に9%、3等に2%、4等に4%、5等に4%、6等に5%が配分されます。
100円BIGは1等に76%、2等に10%、3等に4%、4等に4%、5等に6%が配分されます。

ですから、6等まで考えるとBIGの方が当たりは出やすい、ということになります。
6億円もいらない、2億円で十分だという人には同じ予算でBIGより3倍の口数買えますのでいいかもしれません。1000円で10口買えるのも手軽だなと感じています。

質問した人からのコメント

2016/4/3 13:23:56

感謝 お二方ありがとう。
100円BIGはお手軽感が強くていいです。

「100円big」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

編集あり2016/4/223:31:54

質問者さんのおっしゃる通りですが、ただ300円で販売されているBIGと違うのは6等がないという事くらいです。

6等が100円のBIGにない理由はBIG系(BIG.BIG1000.miniBIG)は当選金額の300円未満は無いように設定されており当選口数が多くても還元率(宝くじやサッカーくじは50%以下)に関係なく当選金額が300円未満なら300円にしないといけない規約があります。

300円のBIGの6等は約500円なので約500円の1/3の金額は必ず300円未満になりますから100円のBIGには6等がないという事になります。

同じ購入金額で同じサッカーくじのtotoはキャリーオーバー発生中なら宝くじ付証票法(宝くじ法)の当選金額最高の設定である購入金額100円の500万倍(キャリーオーバーあり)に設定されています。

300円のBIGもキャリーオーバー発生中なら最高当選金額15億円になる事が公表されています。(予定は未定)

100円のBIGははじめは物珍しさに販売金額は5億円(300円のBIGの1/3)くらいだと思いますがtotoとキャリーオーバー発生中の最高当選金額(totoは5億円で100円BIGは2億円)の違いが購入者に認識され100円BIGの売上がだんだん下降すると思いますが、売上下降を防ぐ為にtotoと同じくキャリーオーバー発生中の最高当選金額がいずれ5億円になる可能性が高いと思います。


補足

先の回答者さんが記載している100円BIGの等級の分配率は以前の300円BIGとほぼ一緒だったんですが、300円BIGは6等が新設されて分配率が先の回答者さんが記載されている様に設定されたみたいです。

特に3等の当選金額が半分になり約78000円から約39000円になって年間1回3等を当選する事で年間プラスになる事ができた人が悲しんでました。

http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q11141864161

上記はBIG系の理論上の当選金額です。

参考にして頂くと幸いに思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。