ここから本文です

20才で献血したら返信された 分析票の血清トランス アミナーゼが異常値になって ...

wah********さん

2016/4/817:34:41

20才で献血したら返信された
分析票の血清トランス
アミナーゼが異常値になって
いました…
国立の病院で診てもらったら
「慢性肝炎」と言われ即入院に
なり絶体安静です。自覚症状は

切ありません。
医師は特効薬がなく、治療法が
無い…35才あたりに肝硬変に
進み、40代前半で死亡すると
言われました。
治療法が無いなら退院して自宅
で安静にしていたほうがマシだと
思い、医師の許可がないまま
自宅に帰ってきました。
その後は覚醒剤などを40才頃まで
常習していましたが今でも生きて
います。26才に糖尿病になり
35才にC型肝炎にかかりました。
自覚症状は有りません。覚醒剤の
注射器から移ったのかな?と
思っています。医師には覚醒剤を
話していません。現在53才です
今、定期的に通院している糖尿病
外来で定期健診で腹部エコーを
担当する人に20才の時の話しを
して肝臓の様子を聞いてみました
が「同じくらいの健康者よりも
形状、表面はキレイすぎりるほと
キレイです。誤診じゃなかったの
ですか?」と言われています。
覚醒剤をやって時たま仕事も
やりました。仕事は肉体労働て
中途入社なのでハードなものばか
りでした。
その人によって医師の云う絶体安静
続けていなくても治る人もいるのかな?
と実感しています…現在通院している
病院の医師には過去に慢性肝炎の診断
をされたことがある…と云う事は話し
ましたが入院や治療の藥を処方される
訳ではありません。
私の場合、過去の診断は誤診だったと
判断するべきですか?
それとも浦島太郎が玉手箱をあけ、
煙を浴びたら一瞬で老化したように
肝硬変と診断され、すぐに死亡する
のでしょうか?
医師、医学生に回答おねがいします。

閲覧数:
265
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mag********さん

2016/4/922:30:31

確かに肝臓に効く薬はないですね。
肝硬変と言われてから、17年になります。C型肝炎と診断されてからでも、22年以上になります。
身体が頑丈であることも幸いしているのかも知れませんが、お医者さんの判断より長生きしています。
肝臓は頑張り屋さんです。最後の最後まで我慢しているのが肝臓でしょう。
検査は受けられたのでしょうか?
血液検査で、ウィルス肝炎は分かります。
早く検査を受けられた方が良いのではないですか。
頑張って下さい。

質問した人からのコメント

2016/4/10 07:32:00

勉強になりました。
貴方も頑張って長生きして
楽しい毎日を送れることを
お祈りします。

回答ありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる