ここから本文です

税理士と公認会計士を両方取得するメリットはありますか?

chielien_a98978b175ecdb812f7e4354さん

2016/4/1015:04:05

税理士と公認会計士を両方取得するメリットはありますか?

閲覧数:
775
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2016/4/1016:39:36

公認会計士は税理士となる資格を有し、税理士登録することにより税
理士と称して税務(税理士の独占業務)を行うことができます。
つまり、公認会計士は税理士試 験を受験したり、税務署に一定期間勤務したりすることなく税理士になれるということです。

公認会計士のほか弁護士も税理士となる資格を有します。

公認会計士と税理士の資格を持つことにより、会計士と税理士の仕事がの両方が出来る事に成り、クライアントにしては、便利になります。
また、公認会計士と税理士の資格を持つことにより、ネームバリューも上がるでしょう。

しかし、会計と税務をこなすと、仕事が煩雑には成ります。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2016/4/1618:42:43

公認会計士は税理士登録しないと税務が出来ないのでメリット以外ないというか独立するならむしろ税理士資格取得(登録)実質的に必須だと思ってました。

プロフィール画像

カテゴリマスター

uzgmirさん

2016/4/1018:42:43

両方の業務をできる点がメリットです。会計も税務も経理の中核のひとつであるところ、その両方に関与できます。

ただ、それがデメリットになる場合もあります。顧客は専門的アドバイス等を求めてきますから、相応の知識経験がないとそれにこたえられず、かえって信頼を下げたり無くしたりするおそれがあります。

そのため、試験に合格しなくても登録すれば税理士を名乗れる公認会計士でも、税理士登録をあえてしない人が少なくないと聞きます。

2016/4/1017:58:13

公認会計士を持っている場合、税理士業務を行えるので、新たに追加で税理士を取得する必要性は薄いでしょう。勉強のために取り組むのはよいと思いますが、苦労して資格をとってもダブってしまいます。

税理士を持っている場合は、会計士の資格を取れば、監査業務が行えるのでメリットはあると思います。ただ、会計士の資格は、取得までに専念して2~3年はかかる上に、監査法人の給与は前職の経験や能力が殆ど考慮されず下働きからスタートなので、年齢次第では、新たに会計士を取るよりも、税理士の資格を使って稼ぐことを考えた方がよいかもしれません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。