炭水化物断ちで一日一食にするダイエットをはじめて一週間弱ですが、明らかに運動能力や思考力が落ちています。

ダイエット1,774閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

非常に詳しくご回答いただきありがとうございました。 今の状態が正常だということ、それでちゃんと体重ダウンに繋がるということがわかり、自信が持てたように思います。 おっしゃる通り、元は過食だったんだと思います。ダイエットを始めたばかりの時は油物がなにがなんでも食べたくなって、元体育会系なのでそうなるたびに「なめとんのかワレー!」って心の中で叫んで自分で頬張って一人で部活のエールやるっていう奇行で抑えてたんですが(笑)、最近は不思議と油物もアルコールも全くほしいと思わなくなったので精神的にも負担はかかっていません。 これからも無理せず継続できる範囲を維持して続けたいと思います。

その他の回答(5件)

0

さすがに摂取カロリーの目標が高すぎです・・・ せめて1300キロカロリーくらい目標の無理のないダイエット目指すことをお勧めします。 必要カロリーマイナス200キロカロリーくらいで気長にダイエットがベストと思いますよ、無理もないですし。

アドバイスいただきありがとうございました。 とりあえずのところ1200kcal目安(多少超えてもそんなにめくじらたてない)ってことでやってみたいと思います。

0

私の経験で、実は脇にポリープができて、病院に行く暇がないのと、癌になったら前々から実践しようと考えていた食事療法として炭水化物完全抜きをしました。2か月でポリープは消え、元に戻しましたが、この間は炭水化物を(米、パン、餃子の皮、肉まん他)兎に角取らず、常時ゆでたトウモロコシやピーナッツを常備し 空腹を避けました。全く問題なく過ごしました。頭を使う仕事上低血糖でも国際エリート相手でいつも話さないといけなかったので、呆けてはいなかったと思います。飲み物はレモン水やダイエットコーラでした。 空腹になると白米が食べたくなるので、それを避ける目的で蒸したり茹でた穀物を常備しました。多分、空腹時を作っているのではないかと思います。 茹でたトウモロコシは一本250キロカロリーです。 この間は痩せなかったです。 ダイエットの時はお豆腐や蒟蒻を兎に角食して空腹を避けたり、食べた分歩くことにしていました。

具体的なご体験を教えて頂きありがとうございました。 私もずっと外国語(英語じゃないですが)で教授たちと喋らないといけないのであまり気が抜けないことが多いのです……。 テキトーにスルーできない状況のとき試してみたいと思います!

0

1.エネルギーとしてすぐに利用できるのは炭水化物です。さらに緊急時にはブドウ糖です。炭水化物を取ればじきに活動できます。 2.脂質はブドウ糖に変えることはできません。そこでケトン体という代用品になってエネルギーになります。ただ、脳はケトン体を利用できるので、直接的な関係はないと思います。 3.確かに脂肪よりは筋肉のタンパク質のほうが先に利用されます。 メニューを見るとカロリーが少なすぎます。タンパク質は十分ですが、そのタンパク質がエネルギーに使われてしまっています。無理なダイエット状態です。ダイエットは無理なく少しずつでないと健康を害してしまいます。単純にほんのわずか空腹を感じるぐらいの食事を続けることがベストです。筋力をつける運動をしながら長期的に頑張ってください。