ここから本文です

宅建業法について宜しくお願い致します。 【問】免許に関する次の記述のうち、...

poko421pikoさん

2016/4/1419:27:24

宅建業法について宜しくお願い致します。

【問】免許に関する次の記述のうち、正しいものはどれか?



(1) 甲県知事の免許を受けている宅地建物取引業者Aが、乙県内に事務所を設置する

ことなく、乙県の区域内で業務を行おうとする場合、国土交通大臣の免許を受けなければならない。

(2) 国土交通大臣の免許を受けている宅地建物取引業者B社の非常勤役員の氏名について変更があった場合、B社は、30日以内にその旨を国土交通大臣に届け出なければならない。

(3) 甲県知事の免許を受けている宅地建物取引業者C社が、宅地建物取引業以外の事業を営もうとする場合、C社は、30日以内にその旨を甲県知事に届け出なければならない。

(4) 甲県知事の免許を受けている宅地建物取引業者Dが免許証を亡失した場合、Dは、免許証の再交付を受けるまでの間、宅地建物取引業を営むことができない。



ご回答して下さる方、ありがとうございます。
宜しくお願い致します。

閲覧数:
68
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

srkoko411さん

2016/4/1500:08:16

(1) 甲県知事の免許を受けている宅地建物取引業者Aが、乙県内に事務所を設置することなく、乙県の区域内で業務を行おうとする場合、国土交通大臣の免許を受けなければならない。
→×
事務所を設置せず、業務を行うだけなら免許換えは不要です。


(2) 国土交通大臣の免許を受けている宅地建物取引業者B社の非常勤役員の氏名について変更があった場合、B社は、30日以内にその旨を国土交通大臣に届け出なければならない。
→○、その通りです。


(3) 甲県知事の免許を受けている宅地建物取引業者C社が、宅地建物取引業以外の事業を営もうとする場合、C社は、30日以内にその旨を甲県知事に届け出なければならない。
→×
本肢の内容は、宅建業者名簿の記載事項とはなっているものの、変更の届出の対象とはなっておらず、届出は不要です。


(4) 甲県知事の免許を受けている宅地建物取引業者Dが免許証を亡失した場合、Dは、免許証の再交付を受けるまでの間、宅地建物取引業を営むことができない。
→×
免許証の再交付を受けるまでの間、宅地建物取引業を営むことができます。


正しいのは「2」となります。

質問した人からのコメント

2016/4/15 00:15:46

srkoko411様
ご回答して下さりありがとうございます。

お力添え感謝しております。(*^^*)
しっかり覚えたいと思います。

「国土交通大臣」の検索結果

検索結果をもっと見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。