マイナス金利で銀行はなぜマイナス部分の日銀当座預金を引き出さないの? 日銀が日銀当座預金(260兆円)に一部(10兆円)にマイナス金利をかけました。 それで世の中はマイナス金利になった

マイナス金利で銀行はなぜマイナス部分の日銀当座預金を引き出さないの? 日銀が日銀当座預金(260兆円)に一部(10兆円)にマイナス金利をかけました。 それで世の中はマイナス金利になった として騒ぎになっています。 私が分からないのはなぜ、銀行の人は自行の日銀当座預金のマイナス金利になる部分を引き出して、自行の口座(全銀ネット)に入れないのか?です。 銀行全体でマイナス金利で失う額は、10兆円の-0.1%で100億円ですが、自行の口座に入れるとゼロにできるはずです。日銀が圧力をかけているのでしょうか? 金融機関に詳しい方がいらしたらお教えください。

経済、景気643閲覧

ベストアンサー

0

銀行が持っている普通預金口座は、金融機関である銀行にとっては負債(返済する義務があるもの)です。 日銀当預は銀行にとって資産であり、銀行が余らせたお金を預けておく場所です。 仮に日銀当座預金から自行の自分名義の普通預金口座にお金を100振り込むことができたとしても、次のようなことになります。 ①日銀当座預金(資産、余っているお金)が100減る ②金融機関としての普通預金残高(負債)が100増える ③預金者としての普通預金残高(資産)が100増える ④預金(資産、余っているお金)が100増えたので、日銀当座預金が100増える 結果、100減って100増えるので日銀当座預金残高は変わりません。②と③だけが起こると言った方が分かりやすいかもしれませんね。 なので意味がないし、おそらくこういうことは禁止されているでしょう。 であれば日銀当座預金を引き上げて現金で持つ、という手段もありますが、こちらは禁止されてはいませんが、マイナス金利を避ける目的で増やした現金保有残高は、マイナス金利の適用を受ける残高に計算上加算されることになっています。逃げ道はきちんと塞がれているのです。

ご回答ありがとうございました。 ご回答はまさに私が知りたかった内容そのものです。 しかし、素人の私には理解できない部分があります。 それは、日銀当座預金は「銀行が余らせたお金を預けて置く場所」とのことですが、逆に、銀行は余ったお金はすべて日銀当座預金に入れる義務があるのでしょうか? 日銀当座預金は、日銀HPのQ&A日銀当座預金とはなにですか?で示されている役割は、A)銀行の他の銀行、日銀、国庫との決済手段 B)銀行の企業、個人に支払う支払い準備 C)法定の準備預金 です。現在は C)の法定準備は10兆円程度、A)の決済手段もせいぜい10兆円もあれば足りるはず。大幅な超過準備額です。 もし、銀行は余ったお金はすべて日銀当座預金に入れる義務がないのであれば、ご回答のステップ④で日銀当座預金以外の項目に(例えば資産の部で余剰金、準備金、自行預金などの項目を作って)入れればよいのでは? 素人の勝手な疑問です、ご容赦ください。

その他の回答(1件)

0

日銀は、銀行の銀行です。個人や会社が自己資本だけでの経営が難しく、借り入れをするのと同じように、銀行も日銀からお金を借り入れします。自己資本だけで、経営をすればいいというのは理想ですが、薄利多売の金融機関では、とても大きなお金を運用していますのでとてもすぐに出来る技ではありません。