ここから本文です

借方の現金過不足を雑費ではなく雑損に振り替えるのは何故ですか? 現金の減少...

mpwtjmxgmgtgさん

2016/4/2417:39:12

借方の現金過不足を雑費ではなく雑損に振り替えるのは何故ですか?

現金の減少の原因、つまり費用の名目がわからないまま全て営業外費用の雑損に振り替えるのは理由があるんでしょうか?

閲覧数:
291
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2016/4/2506:08:46

雑費は費用で、雑損失は損失です。
広い意味では同じ費用なんですが、
狭い意味だと、費用は収益を獲得するために犠牲になったもので、損失は収益の獲得のためではないものです。
雑費は営業利益を算出するときまでに計上されるもの。つまり収益を獲得するためにかかった費用です。
現金過不足は収益の獲得に貢献してないので営業外費用なんです。
その考え方は特別費用とはいわず特別損失をいうのと似たような考え方です。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

t22102137さん

2016/4/2518:42:23

現金過不足という勘定は一時的な勘定です。つまり過不足の原因が分かるまでの勘定なのです。原因不明の場合は損失にしなければならないのですが、おきな金額でなく、勘定科目もない損金なので雑損にするのです。

telel156sieさん

2016/4/2418:03:48

雑費は、具体的に費消した事実がある場合。
雑費は、販管費に計上されます。

雑損は、現金違算(不足)金の処理に使用する。

雑損は、一般的には、営業外費用、または、特別損に計上されます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。