ここから本文です

(左第5中手骨)と(左手指中手骨)は違いますか? 又、この部位は【手指】の骨、...

アバター

ID非公開さん

2016/5/122:46:03

(左第5中手骨)と(左手指中手骨)は違いますか?

又、この部位は【手指】の骨、と【その他上肢】の骨に分けるとすればどちらになるのでしょうか?

閲覧数:
127
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wil********さん

2016/5/123:03:01

中手骨はちょうど指の下にある掌を構成する長管骨にあたる骨です。
指には番号があり、親指が1、人差し指が2と順番に行って、第5中手骨は小指の下にある掌の骨です。

手指の骨は他に指を構成する、根元から基節骨、中節骨、末節骨と、掌の下にある8つの手根骨があり、中手骨を含め手指の骨と呼ばれると思います。

上肢の骨になると、手指の骨の他には、肩から肘にかけてある上腕骨と、肘から手首にかけてある、橈骨と尺骨があります。親指側が橈骨で小指側が尺骨です。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる