ここから本文です

秀吉が死ぬ時点、慶長3年8月8月18日以降で、徳川政権の可能性が無くなる条件とは、...

 大谷刑部さん

2008/4/1122:04:38

秀吉が死ぬ時点、慶長3年8月8月18日以降で、徳川政権の可能性が無くなる条件とは、どの時点でどのような歴史改変があれば成立すると思いますか?荒唐無稽な質問で済みません。(家康ファンの方すみません。)

閲覧数:
250
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

y_k********さん

2008/4/1801:06:24

秀頼成人・秀吉の遺命の一つだった「秀頼を大坂城より出すな」・淀君の存在でしょうね。これがなければさしもの家康も関が原は起こせなかったと思います。幼君だった・秀頼は大坂からは出てこない・淀君と対立関係にあった北政所を味方にしたからこそ豊臣家臣団を分裂させて関ヶ原を起こしたのですから。

質問した人からのコメント

2008/4/18 23:53:06

nobuknoさんの回答と、y ko2004jpさんの回答 両方当たっている気がします、贅沢を言えば、淀君が暗殺され、存在しなければ、加藤清正たちが家康とは距離を置き、石田殺害が成功すれば家臣団が一枚岩となり、そこに律儀な前田利家大老衆をまとめ、秀頼の後見人として君臨すれば確実に、家康が隙を突くことは出来ず身動が取れなくなると思いました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bak********さん

2008/4/1313:35:31

秀頼が元服していれば、また違った歴史となった事でしょう!
関ヶ原の戦いが無かったかもしれないし、あったとしても西軍の
総大将は秀頼ですから、西軍の圧倒的勝利だったと思います。

sat********さん

2008/4/1211:14:11

史実の一つでも事柄が欠けていたら徳川政権は無かったでしょう。

徳川政権ができたことが奇跡に近いです。

nob********さん

2008/4/1122:44:07

前田利家がもっと若く長生きしていたら変わっていたと考えます。
前田・毛利・上杉・宇喜多の4大老が手を握って家康に立ち向かってくれば、
西軍は史実の関ヶ原とはちがい裏切りによる西軍崩れがなかったと考えます。
当然、豊臣恩顧の大名で徳川につく数も少なかったでしょう。

mm5********さん

2008/4/1122:20:01

家康が心筋梗塞で死ぬ

lun********さん

2008/4/1122:19:37

謙信が毒殺されず政宗と連合して攻めてくれば勝てません。信長秀吉家康共通していますが、戦争ではなく謀略でのし上がっています。裏から手を回すのが上手い点では地域性として現代にも通じます。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる