ここから本文です

大谷刑部の鼻水入りのお茶を飲んだのは?

red********さん

2016/5/312:04:34

大谷刑部の鼻水入りのお茶を飲んだのは?

NHKのBS「英雄たち選択 大谷吉継」では、秀吉が飲んだと紹介されています。
また、司馬遼太郎の「関ケ原」では石田三成が飲んだとされています。

どちらが、本当でしょうか?
それぞれの出典はわかりますか?

それとも、茶会のたびに鼻水をたらしたため、どちらも飲んでいた、が正解でしょうか?

閲覧数:
1,057
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

zun********さん

2016/5/321:36:08

NHKでは2011年のヒストリアで、すでに秀吉が飲み干したというバージョンを採用しています。

>http://datazoo.jp/w/%E8%B1%8A%E5%A4%AA%E9%96%A4/8265123

上記にある『豊太閤』のほか、『英雄論』などが出典とされていますが、直に見たことはありません。

秀吉主催ですが、茶の出来が悪いと言って吉継から椀を引き取り、中身を飲んだという流れです。

一方の三成が飲んだというバージョン、多くの人はこちらを先に知ったことと思うのですが、最近では出典が怪しいという意見をよく見ます。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ben********さん

2016/5/316:18:58

茶会のたびと言っておられますが、吉継は、人前に出ることを極力憚っており、茶会に頻繁に出てはいません。

秀吉は、かなり無理に吉継を茶会に誘ったのです。
気晴らしにでもなれば・・・と、善意でしたことです。

そして膿入りのお茶を飲むふりばかりの客たち・・・
それだとまるで恥をかかせるために、呼んだことになってしまいます。
吉継もいたたまれなかったでしょう。

そこで、茶会の出席者を戒める意味もあって自ら茶を干しました。

出典は、甫庵か、太田牛一の「太閤記」
両方とも、あまり信用できない内容です。

isl********さん

2016/5/314:06:32

海が落ちて他の人が飲まなかったのを三成が飲んだんです。秀吉は振る舞う立場なので飲むのは呼ばれた家臣であるから秀吉は飲んでない。

kan********さん

編集あり2016/5/313:51:34

秀吉が飲むわけないよ。三成で決まり。
鼻水は入ってないでしょ。
刑部が病気だったから、まわりは避けたがる。特に間接キスなんかはね。
それでも三成は飲んだ。
だから、すごい絆で結ばれてる。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる