ここから本文です

なぜ、人が無くなった後の24時間以内火葬することができない?法律ではなぜそう...

zengqinkinkinさん

2008/4/1309:55:16

なぜ、人が無くなった後の24時間以内火葬することができない?法律ではなぜそう決めるのか?

閲覧数:
1,390
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yumahariさん

2008/4/1310:17:46

24時間以内には蘇生する可能性が少しだけ残っているそうです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2008/4/1820:29:01

葬儀屋に勤める知人から聞いた話ですが。

中堅の葬儀社は営業地区の病院と契約をしていることが多く
院内のお身柄の搬送や清拭を委託しているところも多いようです。
病院で患者さんが亡くなられると葬儀社に依頼がくるわけですが。
稀に取り消し依頼があるそうです。
多くは間違いなどらしいのですが、蘇生したのでという事もあるようです。

ただ、死因が特定の感染症の場合は24時間以内の火葬もできるそうです。

ken518820さん

2008/4/1409:23:33

葬儀屋です
法律が制定されたのがかなり昔で、今みたいに死亡確認が不十分のときもありました
ですので、24時間待ってから火葬を許可としています
ただし、感染症で亡くなった場合は感染予防のため即(24時間以内)火葬ができます

2008/4/1317:39:12

蘇生することはないにしても、24時間経つと組織が完全に死滅するから……と聞きました。
髪の毛は抜き去りが容易になり、臓器が軟化融解、つまり腐り始めるのが24時間経ったころなのだそうです。
これ、医師が主人公だったブラックジャックで読んだ内容です。

2008/4/1310:19:25

たまに蘇生される事もあるからではないでしょうか。
以前聞いた話ですが、棺おけの中で通夜の読経で目が覚めたという話もあります。
一時的にショックで心拍停止でも、何らかの万に1つで蘇生がされる事もありうるので、その間の時間が必要とされるため「魂の保護」ではないでしょうか。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。