ここから本文です

ガンダムの外伝作品、アドバンスオブゼータ~ティターンズの旗のもとに~に登場す...

dai********さん

2016/5/1015:31:05

ガンダムの外伝作品、アドバンスオブゼータ~ティターンズの旗のもとに~に登場する、「TR-6 ハイゼンスレイⅡ・ラー」について質問です。

ニコニコ大百科において、「ハイゼンスレイⅡ・ラー形態時は最大で3名搭乗できる」と記述があるのを発見しました。ハイゼンスレイⅡに1人、フルドドⅡに1人とあとはどこに搭乗できるのですか?3つもコックピットがあるようには見えないので、、、

しかも、ストーリー上では主人公1人で(ハイゼンスレイⅡ・ラー形態で)出撃したので、操縦は1人でも大丈夫なようです。

閲覧数:
151
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jyo********さん

2016/5/1015:55:03

もともと、デザインコンセプトとして、TITANS製のSガンダムというのがあり、デザイナー自らのコンセプト画工にもそういう説明がったと記憶してます

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hir********さん

2016/5/1223:24:34

確かにムック本にそういった記述がありますね。
同じムック本に、ハイゼンスレイⅡ・ラーは三機に分離して運用されるという概念図も載っています。ハイゼンスレイⅡ自体が上半身と下半身に分離・変形できるんですね(バウのように遠隔で操作することも可能なようです)。それ+フルドドⅡで三機、それぞれにパイロットが乗って三人です。
ちなみにその概念図によればそれぞれにプリムローズⅡが接続されるということなので、パイロットはそこに搭乗するということでしょう。
ただ合体した状態を見るにつけ、それらのプリムローズⅡがそのまま内蔵されるのか、ΖΖみたいに不要な分はパージされるのか、という疑問はありますが。

一人でも~というのに関しては、TR-6に搭載されている強化人間人格OSのおかげと言えるかもしれませんね。

amx********さん

編集あり2016/5/1322:42:57

ハイゼンスレイⅡ・ラー…
ただの誤植が今じゃ正式名称とは(笑)

それは多分ニコニコ何とかに書いてる人間が
ネットの又聞き情報で書いてるからでしょうね。

質問者さんが言ってる機体は正確にはTR-6ウーンドウォートEXです。

そしてその解説は多分TR-6ウーンドウォート・ラー形体の解説からの妄想でしょう。

TRシリーズのラー形体とは本体にフルドドか
もしくはフルドドⅡの2機分のパーツを装着した形体の事を差します。
つまり本体とフルドドⅡ×2で3機分て計算をしたんでしょう。

もちろんラー形体は2機分のパーツを使ってるだけで
プロムリーズⅡが2機分くっついてるわけでは無いです。
これはTR-1のヘイズル・ラーとハイゼンスレイ・ラーでも同じです。プロムリーズが2機分あるわけではありません。

メディアワークス刊行のムック本
電撃ホビーマガジンスペシャル
アドバンス・オブ・ゼータVol.6
の解説文で確認してもらえば判ります。


追記
上の方、貴方が言っているのはVol.5で詳しく解説されてる
TR-1ヘイズル・ラー第二形体の事ですか?
それならGアーマーの様な運用をしますから
プロムリーズは2機体分あります。

私が言っているのはTR-6ウーンドウォート・ラーとTR-1ハイゼンスレイ・ラーの事ですよ?

Vol.6の79ページを見てください。
色分けされて載ってるでしょう?

赤のパーツ部分と黄色のバックパック部分しか無いでしょう?

白色のプロムリーズ部分は
ウーンドウォート・ラーにもハイゼンスレイ・ラーにも使われてませんよ

一番上のフルドドⅡの色分けされた分解図も見てください。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる