ここから本文です

発明の対価について教えてください。会社に所属をしていて発明(特許を取得した場...

kuw********さん

2016/5/2222:23:12

発明の対価について教えてください。会社に所属をしていて発明(特許を取得した場合)をしたときの権利は会社と発明者のどちらに帰属するのですか?また、その発明によって会社が得た利益は特許権者と会社との間でど

のように利益配分のようなことがなされるのですか?発明から得られた収益と特許権者、会社との関係について教えてください。
また上記記載内容に類似していると思うのですが、例えば業務改善提案箱(「目安箱」)のようなものに業務上でより効率の良い業務改善点を指摘したり、あるいは新規業務の開発によって売り上げシェア拡大というような結果が見込まれるような提案をしてその目安箱なるものに投稿したとき、そのことによって売り上げが伸びたり、あるいは生産性の向上につながったりしてコストの軽減に貢献したとかいうような場合、提案者と見かけ上会社が得た利益、金銭の行方はどのようになるのか、関係法令のようなものがあるのかどうか教えてください。よろしくお願いいたします。なお、この例の場合、投稿者は企画室や技術開発のような部署に所属しているわけではなく、アルバイトやパートタイマー、非正規職員、契約職員のような場合の方という設定です(もちろん所属をしていたとしてもよいのですが)。以上よろしくお願いします。

閲覧数:
147
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

fjc********さん

編集あり2016/5/2903:01:47

特許関係の質問は、知財カテにして下さい。
質問の存在に気づくのが遅れて、残り時間少ない中での回答となってしまいました。
また、この問題は、少々複雑なので、長文回答になることご容赦ください。

>会社に所属をしていて発明(特許を取得した場合)をしたときの権利は会社と発明者のどちらに帰属するのですか?

⇒当然、会社の業務範囲内の発明をしたという前提でのお話をします。
この場合、その発明をした従業員が、研究部門や開発部門といった、本来発明をすることが想定されている部署の所属なのか、そうではないのかで、話が異なります。
本来発明をすることが想定されている部署の所属の従業員が、会社の業務範囲内に関してした発明の事を、特に『職務発明』と呼んでします。
『職務発明』に関しては、その取扱いを会社が3つから選べます。

①最初から発明を会社帰属とする。
②最初は発明した従業員に帰属するが、その都度、会社に譲渡する。(個別承継)
③原始的には発明した従業員に帰属するものの、事前の契約で、特許を受ける権利を譲渡する旨を、職務規定などによりあらかじめ定めておく。(予約承継)

なお、会社が①を選ぶ場合には、職務発明をした従業員に対しての「相当の利益」を、適正な協議によって定めることとされております。

一方、『職務発明』以外の場合には、会社の選択肢がぐっと減り、原則として前述したうちの②だけしか選べません。

>また、その発明によって会社が得た利益は特許権者と会社との間でどのように利益配分のようなことがなされるのですか?発明から得られた収益と特許権者、会社との関係について教えてください。
⇒すべて、会社との協議によります。
今回の法改正で、前述した職務発明した従業員への「相当の利益」に関する従業員と会社との協議が適正に行われるよう、ガイドラインが制定されています。

>また上記記載内容に類似していると思うのですが、例えば業務改善提案箱(「目安箱」)のようなものに業務上でより効率の良い業務改善点を指摘…

⇒前述の『職務発明』に関しては、特許法により定められている一方で、
目安箱や提案制度等に関しては、報償の有無を含めて各社まちまちで、規定のされ方にはより大きな幅があります。したがって、上述の『職務発明』制度とは明確に区別する必要があります。こちらは一概に論ずることなどできません。


なお、前の回答者の方の何人かが、
『特許権の権利は発明者でなく、特許出願人に全ての権利があります。』
『会社のお金を使って研究開発していたら会社の権利で』
『給料をすでにもらっている以上は、権利は全て会社のものです。』
などと、断言されていますが、正しく理解してない方々の回答です。

いちばん正確なのは特許庁のサイトですが、正直、一般の方が正しく理解していただくのは、たいへん難しい(内容が難解)と思います。
http://www.jpo.go.jp/seido/shokumu/shokumu.htm

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hap********さん

2016/5/2720:22:35

・特許権の権利は発明者でなく、特許出願人に全ての権利があります。
・会社で発明した場合は、出願人が会社名でするのが一般的で、出願人が会社である以上、権利は会社に在ります。
・社内規定等、発明者に褒賞制度がある場合は、それに準じて褒賞が支払われると思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

mis********さん

2016/5/2410:12:47

会社のお金を使って研究開発していたら会社の権利で
プライベートの時間に自費で開発したら自分の権利
なのではないですかね?

就業規約で取り決めないと揉める原因ですね
割合や使用権等


目安箱等に意見を入れて採用された場合
会社が良くなってあなたも嬉しい。じゃダメですかね

提案者の名前を明記での意見を上げるなら、管理職の人に名前を覚えてもらえて出世しやすくなるかもしれませんね

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

rkc********さん

2016/5/2222:33:36

>会社に所属をしていて発明(特許を取得した場合)をしたときの権利は会社と発明者のどちらに帰属するのですか?

特に契約等で定めがなければ従業員(発明者)に権利があります。また会社もその発明を自由に使用することができます。

職務発明制度に関するQ&A
https://www.jpo.go.jp/seido/shokumu/shokumu_q_a.htm

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

job********さん

2016/5/2222:28:24

ボランティアではなく、給料をすでにもらっている以上は、権利は全て会社のものです。しかし、金一封程度は出るでしょう。給料をもらって、会社の施設で研究・開発したにも関わらず、法外なカネを会社に要求した社員が出てきたので、今は雇用契約書に全て記載されているはずです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる