ここから本文です

JR直江津駅のホームの横に、線路が何本も敷いてあるのは何故ですか?

sno********さん

2016/5/2717:33:50

JR直江津駅のホームの横に、線路が何本も敷いてあるのは何故ですか?

何度か直江津駅に行っていますが、列車が停まっているのを見た事がありません。

閲覧数:
105
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ぐたぐたさん

2016/5/2718:03:05

元々は「待避線」と言ってホームに入れない列車や
次の列車を待つため、それから入換用としての線路です。

昔は、三菱化学の工場が隣の黒井駅近くにあったため、大きな貨物ターミナルのような存在みたいなもののようでした。 そして、機関車(=SL)などの休憩基地としての機能もあったそうです。

そういったところは全国に沢山ありますが、駅の場所によっては、駅舎とホームが離れすぎて、どうしようもなくて、残っているところもあります。

一部ですが、南側のロータリにあったところはどうやら、上越市に売ったようです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sea********さん

2016/5/2717:59:22

留置線に繋がっており、陸橋の方の引き上げ線に一旦移動して留置線入ってきます。
たまに貨物列車が止まっています。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる