ここから本文です

僕の中学時代の思い出話です。 片思いしている女の子は見た目が黄色に近いヤンキ...

goaeguaさん

2016/6/916:21:30

僕の中学時代の思い出話です。
片思いしている女の子は見た目が黄色に近いヤンキー系の女の子でした(板野友美に似ていて華奢な女の子)。その割には気か強く、頭のいい女の子でした。

最初は仲悪くて喧嘩ばっかりしていました。女の子の髪に犬の糞をなすりつけました。そしたら、その女の子は予想に反して傷ついて泣き出しました。あれ以来、いくら謝っても許してくれませんでした。気が強くヤンキーだったからこれぐらい大丈夫だろうと思いやりました。その女の子には弟がいました。弟のご飯を作っていました。これをチャンスだと思いました。
その弟と遊んであげました。それを見た女の子はいい感じしませんでした。その時に僕は、
僕「今日は寿司の出前僕が頼むよ。○○ちゃんも大変でしょう。今日は飯作らなくていいよ。」
それでも許してくれませんでした。しかし、その女の子の家事を手伝うことで心を許してくれました。
僕が髪に犬の糞をなすりつけた事を謝りました。そしたら、向こうも僕にしてきた事を謝ってきました。
その女の子と仲良くなりました。その女の子が幼少期に面倒を見てくれた当時の近所のおじさんが病気でした。
その女の子の両親は女の子が赤ちゃんの時に離婚していました。女の子の方は母親の方に引き取られ、一卵性の双子の姉は父親の方に引き取られました。その女の子は部活の大会があって見舞いに行くことができませんでした。だから、双子のお姉ちゃんをその女の子のかっこうさせてごまかそうとしましたがごまかせませんでした。見た目、性格が非常に似ているのでごまかせると思ったのですがごまかせませんでした。10年ぶりにあったのに当時のお近所のおじさんはどこでみぬいたのでしょうか

閲覧数:
189
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2016/6/1403:59:03

設定が複雑すぎてイミフ。釣り針はもう少し小さいほうがよく釣れると思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

目には目を、歯には歯を

みんなのアンテナ

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。