ここから本文です

東京にある荒川と隅田川の歴史について質問です。 岩淵水門より先の隅田川が、昔...

aja********さん

2016/6/1718:11:55

東京にある荒川と隅田川の歴史について質問です。
岩淵水門より先の隅田川が、昔の荒川であり、いま荒川と呼ばれてる川は明治末期から作り始めた人工の放水路。
ここに、隅田川が氾濫しそうな

ほどの雨が降った時は門を閉めて水を流すってイメージで正しいですか?

隅田川,荒川,放水路,岩淵水門,明治末期,荒川放水路,絹田幸恵著

閲覧数:
928
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

samsonさん

2016/6/1718:28:34

隅田川は昭和40年頃までは荒川区までが荒川で、墨田区から隅田川と呼んだそうですが、現在は荒川放水路が荒川としてそれぞれ独立した存在になっています。

たびたびの水害にくるしめられた帝都を守るために荒川放水路が掘削されました。

詳しくは
絹田幸恵著
『荒川放水路物語』をご覧ください。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「岩淵水門」の検索結果

検索結果をもっと見る

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる