ここから本文です

ヤンキースでイチローをいじめてた選手って誰ですか?

dppx_o_xqqbさん

2016/6/1912:24:23

ヤンキースでイチローをいじめてた選手って誰ですか?

閲覧数:
21,856
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ekseak39さん

2016/6/1913:12:12

ヤンキースであからさまにイチローをいじめていた選手はいなかったんじゃないですか?

マリナーズ時代はJ.J プッツ投手がイチローを公然と非難していたことはいくつかのメディアで公になっているようですが。

---------------------
元マリナーズ投手が移籍で態度一変、チーム内の「反イチロー」示唆。
2009/02/17 23:36 ナリナリ ドット コム Written by コジマ

3月に行われるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に向けた合宿に参加中のイチロー外野手(マリナーズ)。初対戦の田中将大投手(楽天)に空振り三振を奪われるシーンもあったが、調整は順調に進んでいるようだ。その一方で、原辰徳監督らが操縦できないのではないかとの懸念も一部メディアで報道されている。それによると、発言力が絶大のイチロー選手が暴走した際に、いさめるような人物が首脳陣にも選手にもいないのだとか。

こうした懸念を「的外れ」とする意見も少なくないが、イチロー選手はマリナーズのマイク・ハーグローブ監督時代に首脳陣と衝突した前例がある。また昨年9月には、ジョン・マクラーレン監督時代にチーム内からイチロー選手への批判が高じて暴力を振るおうとする選手まで現れたため、マクラーレン元監督が緊急ミーティングを開いたと、地元紙シアトル・タイムズが報じた。当時指揮を執っていたジム・リグルマン監督はこの事件を否定したうえで、イチロー選手を擁護。地元ファンの声もイチロー選手を支持するものが多数だった。

この報道直後はマリナーズのクラブハウスにメディアが殺到したが、多くの選手はコメントを避けている。その中で、唯一、J.J.プッツ投手だけが「人はみな違う意見を持っているが、それを新聞を通して言うとはね」と“密告者”を痛烈に非難。イチロー選手の実績を称賛し、報道にあった緊急ミーティングが開かれたことについても「そんな覚えはない」と否定していた。

プッツ投手は今オフにメッツへ移籍し、現在は開幕に向けて調整中。そこへシアトル・タイムズ紙の記者がインタビューを行ったところ、移籍前と態度が変わり、マリナーズ内に「反イチロー」の機運があったことを示唆した。

同投手はマリナーズ時代を振り返り、当時はクラブハウスの雰囲気が悪く、シーズンを通してチーム内部に緊張感が漂っていたことを明言。さらに、「昨季のチームには、チームプレーができない選手がいた」「その選手はかなり頑固だった」とし、その選手は「特別な処遇を受けていた」と語っている。

特定の名前を挙げることは拒否したが、インタビューを行った同紙記者のラリー・ストーン氏は「プッツがおもにイチローについて話していたのは明確だろう」とした。

また、イチロー選手についてコメントを求められると、プッツ投手は「毎年200安打がすばらしいかを議論するのは難しいこと。それは簡単な記録ではない。しかし……」と言葉を濁している。

http://www.narinari.com/Nd/20090211133.html
---------------------


また、マリナーズ入団直後にも陰湿ないじめを受けたいたことが最近になって暴露されています。
---------------------
「イジメ」「逆風」に屈しなかったイチローのスゴさ
ITmedia ビジネスオンライン 3月24日(木) 7時8分 http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1603/24/news017.html

イチローの経歴をもう1度振り返ってみると、改めて驚かされる。日本プロ野球のオリックス・ブルーウェーブでの9年間のプレーを経て27歳から日本人野手としては初のメジャーリーガーとなり、他の米国籍選手よりも明らかに遅いスタートであったにも関わらず驚異的な順応と進化を遂げ、次々とメジャー記録を更新していったのだ。ちなみに、その27歳でルーキーイヤーとなった2001年シーズンでは史上2人目となるアメリカン・リーグ新人王と年間MVPの同時受賞を果たしてもいる。人間離れと評するよりも、異次元レベルと言ったほうがいいかもしれない。

しかしながら、そのイチローも海を渡った直後は人知れず苦労を味わっていた。イチローのルーキーイヤー当時、マリナーズで監督を務めていたルー・ピネラ氏は「彼はさまざまなすさまじい困難に直面しながらも見えない努力を重ねることで、それを克服していた」と述懐している。

●日本人プレーヤーを見下す風潮が残っていた

日本プロ野球で幾多もの記録を作り上げ、日本を代表する野手であったものの移籍当初、メジャーリーグでの成功については米国の有識者やファンの間で否定的な声も少なくなかった。

「日本でやってきたことがメジャーリーグで、そのまま通用すると思ったら大間違いだ」「内野安打ばかり打つスタイルは、3A(メジャーリーグの下部組織)と同等の日本プロ野球だからこそできたこと」「あんな細く小さい身体で一体何を見せられるのか」――。これらは2000年11月19日にマリナーズ入りが決まった直後、米スポーツ専門局『ESPN』に寄せられて同局番組内で匿名を条件に公開された複数のメジャーリーグ球団のスカウティング担当者たちからのイチロー評だ。

しかもその当時、ESPN解説者で現役時代にレッズなどで投手として活躍したロブ・ディブル氏は同局のラジオ番組内において「日米の野球にはレベルの差があるからイチローがメジャーリーグで成功することは有り得ない」と断じたばかりか「彼が首位打者を獲ったらニューヨークのタイムズ・スクエアを素っ裸で走る。3割を超えても競泳用の水着で同じことをやると約束する」とまで言い切っていたほど。よくもここまで酷評できるなと逆に感心してしまうが、まだ当時のメジャーリーグはこういう具合に日本人プレーヤーを見下す風潮が一部に残っていた。

ロサンゼルス・ドジャースに移籍して道を切り開いた日本人メジャーリーガーのパイオニア・野茂英雄氏が全米にトルネード旋風を巻き起こしてから5年が経過し、十分過ぎる実績を積み重ねていた。それにも関わらず「日本人は一流メジャーリーガーになれない」という概念のような妄想を自称“崇高な彼ら”は抱いていたのだ。そこには「日本人=黄色いサル」というようなタブーとされる人種差別的な要因が多少なりとも絡んでいたことは残念ながら否定できない。

そういう冷たい視線は当然、マリナーズに入団した直後のイチローに冷たく突き刺さった。アリゾナ州ピオリアで行われるマリナーズのスプリングトレーニング(春季キャンプ)に合流し、ここでチームメートたちと初めて顔合わせした時のこと。笑顔で手を差し伸べてシェイクハンドを求めてくる主力が大半だったが、中には無愛想な表情で目も合わせない選手も少なからずいた。

実際にこのころ、筆者は現地でイチローについてマリナーズの某選手から「まだメジャーリーグで何の結果も残していないジャ○プのくせに(3年契約の)1400万ドルももらいやがって。日本から来たオマエもヤツのサポーターなのか」と言い放たれている。複数人の他選手からもイチローに関する同じような陰口を何度か聞かされていた。

●イチローを認めざるを得なかった

移籍当初、陰口をたたく一部のチームメートに、イチローはあいさつをしても無視されたり、舌打ちをされたりと今では考えられないような屈辱も受けていたという。メディアに開放される時間が終了した後のクラブハウス内では、彼を偏見の目で見る一部の選手同士が本人の見える前で輪になって集まり、ヒソヒソ話をするシーンも時に見受けられたと聞く。

つまり、その一部の選手たちはクラブハウス内に大勢集まっていた日本のメディアが立ち去るのを確認してから、一部始終を報道されないように見えないところでイチローに姑息な嫌がらせをしていたのである。まだ英語が満足に話せず自分が日本人であることで、この入団当時のイチローは陰湿な「イジメ」を受けていたのだ。

そういう意味で同じチームメートに日本人メジャーリーガーの先輩で「大魔神」ことチームの守護神・佐々木主浩氏が在籍していたことは、かなり精神的に助けられた部分もあったようだ。それでもイチローは佐々木氏やチームに属する他の日本人スタッフに頼り切るようなことはせず己の力だけで、この窮地を乗り切っていった。ピネラ氏は、次のように言う。

「スプリングトレーニング終盤になってくると、選手たちのイチローに対する接し方に大きな変化が現れてくるようになった。練習やオープン戦でウワサに違わぬ能力を見せ付けるイチローが徐々に本物であることが分かってきたからだ。そしてシーズンが開幕して、あの快進撃を見せられれば、もう誰だって彼にひれ伏すしかない。私は一部の選手が入団当初のイチローに否定的な考えを持っていたことも、もちろん知っている。でも、そんな一部の選手たちも最終的にはイチローを認めざるを得なかったんだよ」

結果としてイチローは、このメジャー1年目の2001年シーズンで打率3割5分をマークし、ア・リーグ首位打者に輝いた。小バカにしたり、嫌がらせまでしたりしていた一部のチームメートたちを実力で黙らせた挙句、あっと言う間に「キング」へと伸し上がったのだ。前出のディブル氏は同年のシーズン終了後にほぼ自身の公約通り、真冬のタイムズ・スクエアをパンツ一枚で5分間ほど走らされるハメになった。

●自分を“安売り”しなかった

イチローのスゴいところはチームメートたちに最初から自分を“安売り”しなかったことだ。精神的に弱い人間はのけ者にされると、どうしても相手に許しを乞うたり、頭を下げたりして仲間に入れてもらおうとする傾向が強い。

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1603/24/news017.html
---------------------

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gokiburi31さん

2016/6/1917:09:19

凡打してもジーターは選手のお尻とかポンと叩くけど
イチロー凡退時ベンチですれ違ったときジーターにシカトされたことはあります
イチローも気まずそうでしたね

sisonagaseさん

2016/6/1916:48:38

え、そんな選手はいなかったよ。一番気が合ったのは、キャプテンだった、ジータ―選手でした。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。