ここから本文です

理科のメンデルの実験についての質問です。 ①交配実験とは他家受粉でないと行え...

aaa********さん

2016/6/2612:56:45

理科のメンデルの実験についての質問です。

①交配実験とは他家受粉でないと行えないですよね?

②親、子、孫と何世代も自家受粉を繰り返してもその形質が親と同じである場合、これらを純系という。って書いてあるんですが、孫の代では丸としわどちらもあるんですよね?
なら、純系とはいいませんよね?
③丸型の種子(AA)同士を受粉させた場合すべて丸が現れるのですか?

頭こんがらがってます。
よろしくお願いします。

閲覧数:
129
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mam********さん

2016/6/2616:59:46

丸となる遺伝子しかもたない純系(AA)どおしを掛け合わせたら
その子供は丸の純系を保つということは大丈夫だと思います。
(AAとAAをどう組み合わせてもAAしかなく、孫ひ孫とAAどおしもしくは自家受粉させていってもAAを保つ。)

またしわとなる遺伝子しか純系(aa)どおしでも同じことで
その子供はしわの純系を保ちますね。

ではどうして
”同じ純系の遺伝子型どおしとなる自家受粉であっても孫になると丸としわが現れる”
と思ってしまっているのかが疑問ですよね。



よくある説明文に

丸としわの純系どおし(AAとaa)を掛け合わせたら
その子供は
Aaの遺伝子型を持つが
現れる特徴としては
全て丸。

そのできた子供がすべて成長し全て正常に自家受粉できたとしたら
その子供は
AA:Aa:aa=1:2:1の割合で遺伝子型を持ち
現れる特徴としては
丸:しわ=3:1

というものがあります。


この解説は正しいのですが、要点を繰り返し唱えているうちに

”元の親は純系、子供はすべて丸、孫は丸:しわ=3:1”
という要点情報ができあがり
”純系から始まった自家受粉であったとしも孫の世代には丸になったりしわになったりする”
という間違った概念を持ってしまったものと思われます。

この要点情報自体に問題はないのですが

① 親の世代で丸としわの純系どおしを掛け合わせ(他家受粉)ているが
子孫の世代では自家受粉。

② ①でできた子供は丸だが丸の純系AAではなくAaである。
つまり①でできた子供は既に純系ではなくなっており自家受粉をさせたとしても
AA Aa aaと全ての組み合わせの遺伝子型をもつ子供をつくることになる。

という2点の情報が薄れたまま要点情報を唱えていることで

・純系の自家受粉(もしくは同じ純系遺伝子型をもつものどおしの掛け合わせ)
であっても孫になると丸としわが現れるという間違った概念

・純系の自家受粉(もしくは同じ純系の遺伝子型をもつものどおしの掛け合わせ)
であれば子・孫と世代が変わってもその純系を保つとい正しいう概念

という2つの概念ができあがりぶつかっていると思われます。
よってその概念の元になっている要点情報となるための条件を教科書や問題集の文章をみながら見直してみることをお勧めします。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる