ここから本文です

民事訴訟法について質問です。 確認の訴えの対象ではないものとして、抽象的な...

awg********さん

2016/6/2714:19:31

民事訴訟法について質問です。

確認の訴えの対象ではないものとして、抽象的な法律問題、単なる事実の確認、があると思いますがそれぞれ具体的にどういう訴えを対象ではないとしているのです

か?
回答お願い致します。

閲覧数:
27
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dai********さん

2016/6/2714:34:50

抽象的な法律問題の例
「占有改定によっては即時取得は成立しないことの確認を求める」

単なる事実の確認の例
「田中太郎が平成28年6月27日に死亡したことの確認を求める」

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

zac********さん

2016/6/2717:21:22

安保法制は違憲かどうか。誰も具体的な法律上の利害関係に立っていない。

舛添都知事はせこいか。みんな知ってるが、単なる事実。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる