ここから本文です

島嶼には小型の生物のみ存在し大型の生物はいないのに大陸には大型の生物も小型の...

riv********さん

2016/7/519:57:16

島嶼には小型の生物のみ存在し大型の生物はいないのに大陸には大型の生物も小型の生物も両方存在していますが、

この理由は貧しい国には金持ちはほとんどいないが豊かな国にも貧乏人は多数存在するのと同じであるという話を聞いたことがあります。
つまり島嶼では資源の絶対量が少ないため大型の生物を養えないので大型の生物は存在しないが大陸では資源の絶対量が多いため大型の生物も養えるので大型の生物も存在できる、しかし小型の生物は必要とする資源の量が少ないので勿論小型の生物も存在できる。したがって大陸には大型の生物も小型の生物も両方存在できることになります。
やはり島嶼には大型の生物がいな理由は資源の絶対量が少ないため大量の資源を必要とする大型の生物を養えないためと考えてよろしいですか。
また、一般に大型の生物は小型の生物よりも絶滅しやすいといわれているのもこのことが原因ですか。
教えてください。

閲覧数:
50
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nip********さん

2016/7/520:04:26

あ、それ、ベルクマンの法則とかアレンの法則とかグログラーの法則とかに並んでフォスターの法則(島の法則)っつうのが一般的にうたわれてるから、これを参考にすると分かりやすいと思う。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B3%B6%E5%B6%BC%E5%8C%96

ウィキはけっこうあてにならんからオレはウィキあまり好きじゃないし、回答でウィキのリンクはあまり張らないんだけど、これに関しては自分の言葉で説明するのも面倒だしそのものズバリのことが書いてあるから久しぶりにウィキをリンクするわ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる