ここから本文です

この回路の合成抵抗を複素計算せずアドミタンスを使い計算するにはどう計算すれば...

アバター

ID非公開さん

2016/7/813:50:22

この回路の合成抵抗を複素計算せずアドミタンスを使い計算するにはどう計算すればいいのでしょうか

アドミタンス,複素,合成抵抗,合成インピーダンス,回路,横軸成分,縦軸成分

閲覧数:
128
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

juu********さん

2016/7/815:49:26

複素計算せずアドミタンスを使い計算するには、ベクトル図を使うのが、いい方法です。

まず、XcとR₂の合成アドミタンスは、下図の上のようになります。
アドミタンスの大きさは、
1/√(3²+8²)=1/√73=0.117
です。
そして、図示のように、角度θが生じます。
cosθ=3/√(3²+8²)=0.351
sinθ=8/√(3²+8²)=0.936
です。

次に、R₁のアドミタンスは、下図の下のようになります。
アドミタンスの大きさは、
1/10=0.1
です。
角度は発生しません。ゼロです。
cos0=1
sin0=0
です。

並列接続された2つのアドミタンスを合成するには、各アドミタンスの横軸成分同士と、縦軸成分同士を足し合わせます。
横軸成分=0.117×cosθ+0.1×cos0
=0.117×0.351+0.1×1
=0.1411
縦軸成分=0.117×sinθ+0.1×sin0
=0.117×0.936+0.1×0
=0.1095
したがって、全体のアドミタンスYは、
Y=√(横軸成分²+縦軸成分²)
=√(0.1411²+0.1095²)
=√0.0319
=0.1786

合成インピーダンスZは、
Z=1/Y
=1/0.1786
=5.60 [Ω]
となります。

私が学校で習った知識に照らすと、この場合は、合成抵抗という表現は適切ではありません。合成インピーダンスと言います。

---------------------------------------------
検算します。
Z=|10×(3-j8)/(10+3-j8)|
=10×√(3²+8²)/√(13²+8²)
=10×8.544/15.264
=5.60 [Ω]

複素計算せずアドミタンスを使い計算するには、ベクトル図を使うのが、いい方法です。...

  • この返信は取り消されました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2016/7/8 21:26:36

ベクトルまで教えていただきありがとうございます。勉強になりました

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

shi********さん

2016/7/814:18:05

XとRとのインピーダンスを求めます
Z=√(3^2+8^2)=√(9+64)=√73
流れる電流値を求めます
I=V/Z=100V/√73A
10Ωに流れる電流値は10Aです
これらのベクトルを求めます
I=√{(100/√73)^2+10^2}=√(10000/73+100)=√17300/73=√237=15.4A
合成抵抗値=V/I=100V/15.4A=6.5Ω

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる