ここから本文です

俗称か蔑称だと思うのですが ヤツサキと呼ばれていた地域、地名について お詳し...

bre********さん

2016/7/921:59:35

俗称か蔑称だと思うのですが
ヤツサキと呼ばれていた地域、地名について
お詳しい方がいたら教えて下さい

現在の地名は全く別名だそうです
過去にもヤツサキと呼ばれていただけで

そのように地図には載っていないようです

ムラなのかマチなのかは不明です

・大きな蜘蛛の妖怪みたいな伝説がある
その付近に大きな淵があるらしいです

・渓流沿いの高低差の多い坂だらけの場所で
いくつかの地名にサキや八つに似たような場所が
あったそうです、現在もあるかは不明です

・都市伝説みたいな隠れ里のようではなく
バスや電車等もあり、現在も過疎化という程ではなく
小中学校もあり小さな町として機能している

・バス停か何かに「シセキ」という名前があり、
そこがヤツサキという俗称に関連性がある

・栃木県より西か北西、又は北

噂話、風聞なんでもよいので、
これが都市伝説的な何かなのか
何かご存知の方は情報をお願いします

閲覧数:
127
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tak********さん

編集あり2016/7/1012:52:01

…たぶん解った。

漢字を当てるなら『谷津先』『谷地前』てなトコロか。
…意味で言えば『谷の前』。

“ヤツ”というのは、狭くうねった渓谷の地形などを差す言葉。
谷地。

“サキ”は、そのまま先や前。
地名や苗字に付く“サキ”は、ほとんどが『○○の前』の意味。
…例えば宮崎は『神社の御宮の前』、伊勢崎は『伊勢神社の前』、磯崎は『磯の前』(つまり海岸の近く)…などなど。

“ヤツサキ”は、蔑称や忌まわしい地名というわけでなく、単に『谷の前』『谷の入り口』あたりを差す呼び名だろう。
…つまり、あちこちに“ヤツサキ”と呼ばれる場所があった。
“ヤツ”には“ヤツの神”“ヤツカハギ”“土蜘蛛”などの伝承が残る。

…“どこの”ヤツサキであるかは、特定するのは難しい。

“シセキ”は…“谷の前”にあるなら、『シ堰』か?(“シ”に当たる文字が思い付かない)

…あるいは、地名を『八つ裂き』と思って、関係の無い“史跡”を「関係がある」と決めつけたか?
…それとも、土蜘蛛が住んだとされる「穴居遺跡」か「横穴墓」のような史跡があるか…。

質問した人からのコメント

2016/7/11 01:51:31

読み解き方や検索のヒントを、
教えていただいたので更に詳しく調べてみます。
アドバイスありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mid********さん

2016/7/1001:22:41

ヤマギシとは違うかな。マスコミ取材もない、以前はあったが。そこで暮らすには全財産を出さなきゃならない、得体のしれないとこ。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる