ここから本文です

交通事故の治療の最終日の決め方について。 ・「治癒日」が治療最終日から7日...

アバター

ID非公開さん

2016/7/1202:23:49

交通事故の治療の最終日の決め方について。

・「治癒日」が治療最終日から7日以内の場合、「治癒日」をもって打ち切ります。

・「治癒日」が治療最終日から8日以降らの場合、治療最終日に7日を加算にします。

この文の「治療日」は、いつの事でしょうか?
参考にしているサイトはこちらです↓
http://kiso-hayashi.sakura.ne.jp/jiko-page.0904-1.html

よろしくお願い致します。

閲覧数:
502
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

don********さん

2016/7/1207:46:45

確かに解りずらいですね。


事故日 6月1日

治療最終日 7月10日

総治療期間 40日

実通院日数 25日

最終診断書には治癒見込や中止と記載

このケースの場合通院頻度が多いので治療期間が1日でも増えれば
慰謝料は多くなる。

7月10日から7日以内に完治した場合はその日
仮に7月13日なら総治療期間は43日

7月18日以降に完治した場合は7月17日
なので総治療期間は47日になる。

自動的に+7日して計算するのが、一般的なのでそこまで厳格に
計算するケースはあるのかなぁという感じはしますね。

https://jico-pro.com/columns/26/#自賠責保険の概要

別の弁護士のサイトでも同じような記載があるので、間違ったこと
ではないと思うけど、私も初めて知りました。

アバター

質問した人からのコメント

2016/7/13 21:58:57

なるほど、理解できました。
どの交通事故関係のサイトも同じ表現で、いまいち理解できず不安だったのですが、スッキリしました。
分かり易く説明していただき、ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

aj3********さん

2016/7/1218:45:44

>この文の「治療日」は、いつの事でしょうか?
→診断書の転帰欄に記載された「治癒日」が最終治療日より後の日付けになっていた場合にこのような事が起こります。

若しくは被害者が治療最終日以降に死亡したような場合の傷害慰謝料の算定の際もこのような取り扱いがされると考えられます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる