ここから本文です

塩化ベンゼンジアゾニウムと2-ナフトールのカップリングについて

rk_********さん

2016/7/1310:51:15

塩化ベンゼンジアゾニウムと2-ナフトールのカップリングについて

この反応において生成する物質の構造式は
-N=N-結合から見てoの位置に-OH結合があるのですが、
なぜこのように結合するのでしょうか?
また、逆になぜ他の結合の仕方をしないのでしょうか?

文字だけだと分かりにくいと思いましたので、稚拙ながら図も示させていただきました。
どうか回答をよろしくお願いします。

塩化ベンゼンジアゾニウム,ナフトール,結合,カップリング,O-H結合,マクマリー,配向性

閲覧数:
1,922
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tak********さん

2016/7/1312:42:01

おるとパラ配向性では?
ヒドロキシ基はおるとパラ配向性活性基なのでおると位につく。
高校生ならならわないので覚えるしかないかもです。
マクマリー中16章に載っております。

質問した人からのコメント

2016/7/13 12:45:10

高校化学の範疇を越えているのですね。
こういうものだと割り切って覚えておこうと思います。ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

cyk********さん

2016/7/1312:42:22

あなたの絵では1-ナフトールと2-ナフトールが混在しています。
どっちですか?

>なぜこのように結合するのでしょうか?

最も電子密度が高いのがそこだから。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる