かなり長文です。

かなり長文です。 視能訓練士で5年目のものです。今まで眼鏡屋に併設された眼科に4年、その後転職して今のクリニックに勤めて半年になります。勤めてまだ半年ですが、今の職場を辞めたくてたまりません。 理由としては人間関係です。前職場では眼鏡の検査は良くしましたが、斜弱訓練ば全くなく、視能訓練士ならば斜弱の検査の勉強もしたいと思い転職をしました。 初めてクリニックに勤めましたがこんなに大変だとは思いませんでした。今のクリニックは常に人で不足で、特に受付の人が定着せず、私が勤めてから5人程やめています。みなさん1ヶ月も経たずやめてます。なので検査員は受付、会計、検査など全て出来ないといけないので凄く大変です。慣れないながら私も頑張ってきましたが、先輩も忙しく、しっかりとした教育ができるわけではありません。 教育担当の先輩には入った初日に「1度でちゃんとできるようにして」「みんな忙しいんだから、同じ質問しないで」「マニュアルに書いてあるのに出来ないなんて信じられない」と凄く釘を刺されました。 それだけでもキツイのにこの間教えてもらってない手術の準備が出来ないのを「今まで何してたの、出来ないなんて信じられない」「みんなのを見てたらわかるでしょ、積極的に仕事してよ」とかなり怒られました。出来ない私も悪かったかもしれませんが、正直今までの仕事や人格も否定されたみたいで落ち込みました。それを、別の人に相談したら次の日に先輩に呼び出されて「そんなこと相談するなんて唯の告げ口じゃないか、出来ないのが悪いって反省しないの!」と言われる始末です。それを黙って聞いていると、何考えてるか分からない、みんなそう思ってるよと言われてしまいました。その先輩がクリニックを良くしよう、使える人材を早く育てようと必死なのもわかりますが、毎回そんな事を言われてシンドイです。 毎日胃が痛いです。まずは言われた事をきちんと出来るようになりたいですが、質問すると何でそれが必要か説明してと問い詰められ、説明が足らないともっとよく考えて質問して此方も暇じゃないんだからと言われてしまいます。正直質問するのも、何か聞かれるのも怖くて仕方ないです。視能訓練士の斜弱の勉強も一般業務が忙しすぎてあまり出来てないです。 目的の斜弱の勉強もまともに出来てないのに辞めるのは根性無しでしょうか?また、次回転職するのにクリニックはどこも今の職場のように大変なのでしょうか? クリニックの人数は受付が1人、看護師1人、検査員4人、常勤の視能訓練士は私1人です。イワキやオグラ眼鏡のスタッフが応援でほぼ毎日来てくれます。非常勤の視能訓練士は3人ですが月に数回しか来ません。 長文、ネガティヴ発言ですみませんがよろしくお願いします。

職場の悩み | 転職6,650閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

2

クリニックは忙しい所も多いと思いますが、ORTに受付までさせる所はあまり聞いたことがないです。 受付の仕事や手術の事も覚えるのは大変な事ですよね。 そのクリニックの指導者さんは酷いと思います。 まだ教えていない手術の事なんて見ただけではできるものではありません。 指導者さんはORTじゃないんですよね? 無資格者、所謂昔のOMA(今はその呼び名は廃止されている)のような人ですか? OMAがトップでORTが少ない場合、人間関係が大変と聞いたことがあります。 まあその指導者さんは人間的に問題で指導者には全く向いていないです。 忙しいクリニックでもきちんと教えてくれる所もありますし、視能訓練士が多数在籍しているクリニックもあります。 受付の方もすぐに辞める所なんですからそのクリニックの人間関係がまずいと思います。

2人がナイス!しています

言い忘れましたが、その指導者さんの言うことは気にせず(働いていたら気にせざるを得ないでしょうが)頑張って下さいね。 その指導者さんは問題ありのような方のような気がします。 転職されてもいいと思います。 もっと人間関係がいいクリニックもありますよ。 因みに斜弱はそれ専門でやっているとホームページ等で表記していないとやっていない所が多いです。 斜弱がわかる先生が少ないですから。

その他の回答(2件)

0

はじめまして。 現役の視能訓練士です。 私も今下を指導する立場にあるのですが、質問者様の指導者さんの気持ちも少しわかります。 早く独り立ちしてほしいという思いからついつい言葉も強くなってしまうのでしょう。 視能訓練士は医療技術職ですから、即戦力と出来て当たり前という見方をする指導者さんも多いと思います。 うちの病院も人手不足で大忙しです。 この忙しい中で、自分の仕事をしながら人を教えるのは本当に大変なことです。 指導者さんも同じように精神的につらい思いをしてると思いますよ? それに応えてあげようと頑張るのか、ドロップアウトするのかは質問者様が決めることです。 技術職の世界が厳しいのはどこも一緒です。 ゆっくり考えてみてください。