ここから本文です

miura423さんにお聞きしたかったのですがブロックされているようで回答リクエスト...

tan********さん

2016/7/2715:40:00

miura423さんにお聞きしたかったのですがブロックされているようで回答リクエストができません!
恐れ入りますが確定拠出年金に詳しい方に3点ほどお聞きします!

企業型確定拠出年金に加入していた人が退職をしました!その際の脱退の要件として『15千円以下でないと脱退できません』という意見があるのですが…本当でしょうか??15千円超だったとしても脱退できる可能性はありますか??ちなみに退職後しばらくは就職しない予定です!

個人型確定拠出年金の加入者になろうとした場合に勤務先での厚生年金への加入が条件なのですか??国民年金だと個人型確定拠出年金の加入者にはなれないのでしょうか??

企業型確定拠出年金に加入していた時にデフォルト商品の元本確保型商品を積み立てていたかもしれません!『雀の涙ほどもない利息しかつかず、毎月の手数料で マイナスになっている場合も 多いです。』という回答があるのですが…企業型確定拠出年金は加入者が口座管理料を負担しないと思います!おそらく個人型確定拠出年金との違いを理解していないだけなのだと思われますが…どちらが正しいのでしょうか??

教えてください!

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1316217238...

閲覧数:
438
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

山中伸枝さんの画像

専門家

山中伸枝さん

2016/7/2800:20:22

確定拠出年金相談ねっとを主宰しておりますファイナンシャルプランナーの山中伸枝です

1番目の脱退一時金の要件について

脱退一時金の要件は3段階に分かれています
まず退職時点で残高が1万5千円以下であること

それに当てはまらない場合、個人型確定拠出年金の加入資格がなく残高が50万円以下あるいは掛金拠出3年以下の場合です
ただし退職後しばらく就職しない場合国民年金被保険者になるでしょうからその場合加入資格を失うわけではないので、これもおそらく当てはまらないでしょう

上記ふたつのケースに当てはまらない場合、運用指図者となって2年経過したのち残高が25万円以下であれば脱退一時金の可能性があります

こちらに詳しくまとめてありますのでいちどご確認ください
https://wiselife.biz/column/2015/05/4923.html

2番目のご質問について
国民年金加入者でも個人型加入可能です
その場合掛金上限額が23,000円ではなく68,000円に引き上げられます

3番目のご質問について
おっしゃる通り企業型の場合はコストは会社持ちですからコスト負担により残高がマイナスになるということはないでしょう
しかし運用商品によるので、ご自身の残高をご確認いただくよりほかありません

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

回答した専門家

山中伸枝さんの画像

山中伸枝

ファイナンシャルプランナー

年金・資産運用に強い独立系ファイナンシャルプランナー

◆一番の強み 確定拠出年金相談ねっとを主宰しております 確定拠出年金は、節税しながら自分年金が作れるとても優れた制度ですが、加入者の方があるいは加入したいと思っている方が気軽に相談できる窓口がありません そこで、確定拠出年金に関するお悩みを解決す...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる