ここから本文です

子供への紫外線の影響

mii********さん

2008/4/2918:08:28

子供への紫外線の影響

今日3~5分ではありますが、あさって生後1ヶ月になる息子を直射日光にさらしてしまいました。
日よけなど紫外線対策は何も無しです。
今日は相当日差しも強く、やっぱりマズかったかな~って反省しています。。。

赤ちゃんにとって相当なダメージになってしまったでしょうか???
それともそんなに気にする事でもないでしょうか???初めての子供なので何かと敏感です。


これからの時期子供の肌になるべく負担のないおすすめの日焼け止めや、日焼け対策があったらアドバイスお願いします。

閲覧数:
4,681
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hap********さん

2008/4/2919:38:57

何故最近の初ママさん達はそんなに紫外線が気になるのでしょうか?
昔知り合いに子供がうまれ、子供の母親がすごい人でした。
「太陽にあたったら癌になる!!!」と言っていました。
日本の四季を感じるためにも、
紫外線を浴びるのもいいと思います。
気にしすぎではないですか?
そんなに心配なら、皮膚科に受診して太陽、紫外線を浴びてもいいのか検査をしてもらえばいいと思います。
太陽は大切ですよ。
主人は小児湿疹がひどかったのですが、
太陽にあびまくったら、
完全に綺麗な肌とは言えませんが、
綺麗になりましたよ。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

clo********さん

編集あり2008/4/3010:23:58

今現在、母子手帳には『日光浴をさせましょう』という言葉はなくなりました。
最近の幼稚園では外遊びをさせるときは日焼け止めを塗り、首まで隠れる帽子等をかぶせているところもけっこうあります。
日光浴のメリットは精神的な開放感だけしかないのです。
いまの時代、日光浴は奨励されていないのです。
子供時代に浴びる紫外線というのは大人になって浴びるよりも有害です。
紫外線は細胞を傷つけます。
子供時代は代謝が激しく細胞分裂も盛んです。
紫外線で傷ついた細胞が修復される前に細胞分裂してしまうと、異常のある細胞のままで成長してしまい、将来皮膚ガンが発生しやすくなるのです。
一日5分程度でも毎日浴びれば相当の紫外線量になります。
子供時代、もちろん赤ちゃん時代も紫外線から守らなければいけません。
生後1ヶ月なら衣服やベビーカーのホロなどで日差しから防いでください。
もう少し大きくなればせっけんで落とせるベビー用日焼け止めがあります(ドラッグストアに売っています)からそれを塗ってください。

sak********さん

2008/4/2920:48:51

今、皮膚が赤くなっていたりしなければ大丈夫ですよ。
ただし、紫外線が強いときは5分でも真っ赤になってしまうこともあるので、これからは気をつけたほうがいいです。
赤ちゃんの肌は弱いので直射日光は避けたほうがいいです。
「相当なダメージ」と不安になるほどのことではないけど、「気にすることでもない」とも言えません。

生後1ヶ月だったら、日焼け止めを塗るより、帽子や長袖で直射日光に当たらないようにするとか、日除けになるものを使って日光を避けるようにしたほうがいいと思いますよ。

qoo********さん

2008/4/2920:17:54

赤ちゃんの肌はデリケートでまだ弱いものです。
日焼けは低温やけどと同じなので日光に当てすぎには注意が必要ですよ。
また、将来、皮膚ガンになりやすいとも言われていますよね。
3~5分なので気にするほどではないと思います。
外出時は紫外線の少ない夕方や午前10時までとしたり、
その他の時間帯は帽子の着用、ベビー用の日焼け止めを
塗ってあげるなどの対策をしてあげたほうが良いと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる