旦那にうんざり。 世の既婚者の女性はご自身の旦那様のどんな所にうんざりしますか? 長文失礼いたします。 末っ子長男の旦那で旦那の実家で姑と同居しています。

補足

皆様回答ありがとうございます。うんうん、私の旦那もと頷いてしまうところと、ああ、そういう旦那様もいらっしゃるのか、大変だなと思う方もいらっしゃいました。あと私が買い物(家具とか家電など高いもの)は悩む方で気に入るのが出るまで待ったりするので(ケチという訳ではないつもりですが)、ああ、旦那はそういうとこに鬱陶しいと思ってるのかと気付かされました。もっと自分の悪いとこあるんだから気を付けようと思いました。ありがとうございます。 皆様にベストアンサーを、と思う一番ぐっときた方を選ばせていただきました。すみません。

家族関係の悩み582閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

家事が得意で羨ましいですが、できるのにしないと余計腹が立ちますね。幼いのはほんとムカつきますよね。知恵袋で質問させていただいた質問の回答で五歳児と思えばといただいたのですが、中々そう思えなくてイライラします。姑もおっしゃる通り、いつまでも息子が可愛いし、何でもしてでしょうね。 これからも義理のご両親様と仲良くなさってご主人の非難、いえ、再教育なさって下さいね。 回答ありがとうございました。

お礼日時:2016/8/3 22:50

その他の回答(4件)

0

もしかしたらご主人なりに義姉の介護をさせてしまっているので様子を伺う為に電話してきているのかもしれませんね。(…とポジティブに考えたい笑) 我が家の困った旦那は「自分に甘い」ですかね。 少し微熱があるともう「体だるい、眠い」とベッドでゴロゴロ。 熱を理由に育児も手伝わなくなります。 また、自分のお小遣いはあるだけ使うし仕事関係で出て行くお金や病院代も請求されますが、私や子供の為に遣うお金にはうるさいです。 子供のチャイルドシートが随分窮屈そうなので買い換えたいと話したときも、許可が出たのは何ヶ月も先でした。 引っ越してまだ生活家具が揃ってないので買い揃えたいと訴えてもなかなか許可が出ず、この間ようやく本棚一つ買いました。 でもまだ全然収納が足りてないので、時間を空けてまたお願いしないといけません。 また、私がどれだけ義実家でやられたことに関しての愚痴を言っても、自分が実体験するまでは「うまくやってよ」「気にすることないよ」ですぐ終わり(2分も聞いてくれない)。 自分が何か言われたときは何時間でも愚痴を言うくせに。 と、言い出すときりがないですね~(笑) 最近本当にこの人と一生一緒にいて良いものか悩みましたよ。 もう1回同じことやったら実家に帰ってやるつもりでいます。

0

読み進め、お幾つ位かな?と 40過ぎてるんですね。 母がいると子供になっていくのでしょうか。 でも普段してない事は出来ないものです。 いざとなればやるなんて無理です。 そうですね。 うちは倹約家、見習う所もありますが、 必要であろうものを買う時に グジグジ言います。 この人なんなんだろ?って思います。

0

他人に厳しく、自分に甘い夫。しかも 無自覚なところにうんざりします。 しんどいアピールは盛大、自分の思う 反応がなければ不機嫌になります。ま、 単純なのですぐ戻りますが。そのくせ 妻の体調不良にはほぼ無関心。 共働きなので大喧嘩の末に少しはまともに 手伝ってくれるかと思いきや、半年ほどで ほぼ元通り。それでも「俺は仕事も 頑張っている」と。いやいや、仕事は 私もやってますが?しかも長時間(笑) 以前は病気療養で時短勤務だった夫。 家事にしても「フル勤務になったら どこまで手伝えるかわからない」と言う。 だーかーらー、私はフルタイム(しかも 変則勤務)で働きながら家事してました。 洗濯も掃除も買い物も!ご飯だって 作ってました。 そんなこんなで、自分にばかり甘い夫に うんざりです。 長い愚痴、失礼しました。

0

無条件に夫を信頼し、苦楽を共にした私を裏切った夫。 うんざりどころか殺意が芽生えるレベルですよ。 浮気されましたから。 だから私も投げやりになりましたね・・・ 掃除と洗濯以外の家事はしません。 食事の用意や片付けは夫がやってます。ですから、私は空いた時間にジムに通ってます。 私は同居している義両親の面倒も見ませんし、クレジットカードで買い物しまくってます。でも夫は文句言いません。 言ったら私が出て行くとでも思ってるんでしょうね。 もう少し自由にやらせてもらうつもりです。 そして貯金して離婚したいと思ってます。 人は変わりません。言っても無駄なので言いません。 自分は変わろうと思えば変われます。 夫を受け入れる方向で変わるのか、それ以外の方向を見て自分を変えて行くのか。 私は後者を選びました。