ここから本文です

小屋裏(ロフト)に設ける開口部(窓)の法令制限について教えてください。

ran********さん

2016/8/1714:56:02

小屋裏(ロフト)に設ける開口部(窓)の法令制限について教えてください。

東京世田谷区では、ロフトに設ける開口部(窓)の大きさは、ロフト床面積の20分の1以下、かつ0.45㎡以下と定められています。

現在、60cm幅×75cm高、あるいは60cm幅×90cm高の規格の窓をロフトに導入しようとしています。
①ですと0.45㎡、②ですと0.54㎡となります。

ここで質問なのですが、法令で規制される「開口部」の定義ですが、窓が実際に開く「開閉部分」の面積を言いますか?それとも、「窓枠外側」の面積となりますか?

片開きの窓ですと、60cm幅×90cm高の規格の窓では、窓枠面積は0.54㎡ですが、実際に開閉する部分(固定された窓枠を除外した面積)は、0.45㎡を下回ります。

「開口部」とは、窓枠で測るのか、開閉部分で測るのか、はたまたそこらへんは少し曖昧で解釈の余地にゆだねられるのか、ご教示いただけますと幸いです。

閲覧数:
1,146
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yc_kuchikiさん

2016/8/1900:57:01

はじめまして。ホームインスペクション(住宅診断、住宅検査)を行っている、建築士の朽木と申します。

階数に含まれない小屋裏の規定は自治体によって様々です。

開口部の面積の測り方についても自治体によって異なる場合があり、特に世田谷の場合、ロフトの開口部は換気のためという制約がついているので、世田谷区に直接相談することをお勧めします。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「窓の大きさ 規格」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kon********さん

2016/8/1715:06:03

建築基準法では小屋裏(ロフト)の窓の大きさまで規定していないと思いますので、あくまでも世田谷区の条例なのですね?
新築確認申請関係での質問か?既存部分に付ける窓なのかによって、お答えが変わってきます。つまり、検査対象物なのかです。
通常、住宅建物の役所検査で窓の大きさを測るような経験がありませんが、一般的には窓枠の内寸で良いと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる